【女性用風俗体験談】宇都宮在住の女性 | 喘ぎ声が出てしまう

【女性用風俗体験談】宇都宮在住の女性 | 喘ぎ声が出てしまう

――これはとある宇都宮在住女性の女風体験記

北関東の静かな町で生活している私は、日々の忙しさとプレッシャーに押しつぶされそうになっていた。

仕事は充実しているものの、その反面、プライベートな時間を犠牲にすることが多く、心の中には常に寂しさとストレスが渦巻いていた。

そんな日常に疑問を感じながらも、変化を恐れるがゆえに、いつもの生活を続けていた。

そんなある日、親友の美奈子から予期せぬ提案を受けた。

「ねえ、最近どう?ちょっと疲れてるみたいだけど…」

と彼女は言った。私は正直に答えた。

「うん、ちょっとね。仕事が忙しくて、なかなかリフレッシュする時間が取れなくて…」

すると、美奈子は真剣な表情で言った。

「それなら、思い切って女性用風俗を試してみたらどう?私、先月行ったんだけど、本当に心も体も癒されたの!」

その言葉に、私は驚きを隠せなかった。

けれども、美奈子の真剣な表情と、彼女が体験した喜びを感じてみたいという気持ちが芽生えてきた。

日常から抜け出し、未知なる世界に飛び込む。

そんな勇気が、少しずつ私の中で膨らんでいった。

そして、私は一歩踏み出すことを決意した。

こんにちは、女性用風俗店KaRentの洋平です。

175cm 65kg 38歳

2023年11月よりセラピストとして在籍しています。

しんどいとき、寂しい時など「誰かそばにいてくれたら…」と、そんな思いを叶えるためセラピストになりました。

お気軽にご連絡下さい。

在籍:いつでも彼氏KaRent(カレント)

詳しいプロフィール

目次

出発の朝:初めての女性用風俗

出発の朝:初めての女性用風俗

土曜日の朝、私は栃木県宇都宮駅から新幹線に乗り込んだ。

大宮への片道の費用は約4,200円。

電車が走り出すと、車窓の景色とともに、私の心も動き出した。

地元宇都宮で探したけど、あまりピンとくるところがなかったし、ついでに遊びに行くから新幹線でいいか。

期待と少しの緊張が入り混じり、いつもとは違う心地よい高揚感が全身を包み込んでいく。

景色が移り変わる車窓を眺めながら、私は大宮での新しい体験に思いを馳せた。

日常から離れ、未知なる扉を開く。

そんな冒険心が、私の中で静かに燃え始めていた。

まるで現実と非現実の狭間を旅するような、不思議な感覚に身を委ねながら、私は大宮へと向かっていった。

大宮の街を探索

大宮の街を探索

大宮駅に降り立つと、都会の活気が一気に私を包み込んだ。

けれどもその喧噪の中に、どこか懐かしさのようなものを感じた。

まるで以前にも訪れたことがあるような、不思議な感覚だった。

駅周辺には、そごう大宮や丸井などの大型デパートが立ち並んでいる。

私はウィンドウショッピングを楽しみながら、街を散策した。

洗練されたファッションや、美しく装飾されたショーウィンドウを眺めているうちに、日常の喧騒から少し離れた気分になっていった。

おしゃれなカフェで一息つき、ランチを堪能する。

それだけでも、私の心は既に満たされていた。

――けれども、本当の目的はこれから始まるのだ。

私は再び歩き出し、ホテル パサディナへと向かった。

ホテル パサディナへの到着

ホテル パサディナへの到着

チェックインの時間が近づき、私はホテル パサディナへと足を踏み入れた。

大宮駅から徒歩6分という便利な立地に、そのスタイリッシュな外観が映える。

まるで日常とは別の世界への入り口のようだった。

フロントでの手続きはスムーズに進み、スタッフの丁寧な対応に安心感が広がった。

エレベーターに乗り込み、私は自分の部屋へと向かう。

ドアを開けた瞬間、そこに広がるのは日常とは異なる、特別な空間だった。

快適なルーム

快適なルーム

私が予約したのは、露天風呂付きの902号室。

部屋に一歩足を踏み入れると、その広さと清潔さに驚きを隠せなかった。

豪華なインテリアとモダンな設備が調和し、まるでハイクラスのホテルのようだ。

一人でラブホテルにいると言う特別感が、現実と非現実の境界を曖昧にしていく。

私は心の準備を整え、新たな体験への扉を開こうとしていた。

女性用風俗サービスの始まり

女性用風俗サービスの始まり

いよいよ、今回の目的である女性用風俗サービスを体験する時間がやってきた。

事前に予約していたセラピストが、静かにドアをノックする音が聞こえた。

ドアを開けると、そこに立っていたのは「洋平」と名乗る男性だった。

彼の穏やかな笑顔と落ち着いた雰囲気に、私の緊張は少しずつほぐれていく。

洋平

はじめまして、女性用風俗KaRent(カレント)の洋平です。今日はリラックスして楽しんでくださいね。

と彼は言った。

私は少し緊張しながらも、

はじめまして、よろしくお願いします。

と返事をした。

洋平は私の様子を見て、優しく言葉をかけてくれた。

洋平

大丈夫ですよ。あなたのペースに合わせて進めますから、何でも言ってくださいね。

その言葉に、私の心は少しずつ解れていく。

――まるで異世界から来た優しい案内人に導かれるような、不思議な感覚だった。

露天風呂

女性用風俗露天風呂

洋平さんはまず露天風呂への案内を提案してくれた。

洋平

せっかくの機会ですから、まずはゆっくりと露天風呂で癒されてみませんか?

優しい口調で提案してくれる洋平さんに、私は安心して身を委ねることにした。

脱衣所で服を脱ぐ際、私は少し恥ずかしさを感じながらも、洋平さんの紳士的な振る舞いに救われた思いだった。

バスローブ姿になった私を、彼は露天風呂へとエスコートしてくれる。

露天風呂に足を踏み入れた瞬間、昼間の喧騒が嘘のように静寂が広がっていた。

露天風呂は幻想的で、まるで日常とは異なる特別な空間。

湯船からは心地よい蒸気が立ち上り、私の心を包み込んでいく。

洋平さんも一緒に露天風呂に入ってくれることに。

初対面で裸の付き合いには少し戸惑いもあったが、彼の紳士的な態度にすぐに安心できた。

洋平

広いお風呂でゆっくりとリラックスしていきましょう。

そう言って洋平さんは、適度な距離感を保ちながら、湯船に浸かる私の体を優しく支えてくれる。

深呼吸を繰り返しながら、私は心の奥底から安らぎを得ていった。

洋平さんとの何気ない会話も、お湯に溶け込むように自然体だった。

普段は話せないような本音も、自然と言葉になっていく。

――そんなひとときを過ごすうちに、私は心の緊張がほぐれていくのを感じていた。

アロマオイルマッサージ

アロマオイルマッサージ

露天風呂を上がった後は、洋平さんが用意してくれたアロマオイルマッサージが待っていた。

上質なバスローブに着替え、私は新たな癒しの時間へと導かれていく。

心身共にリラックスした状態で、特別なひとときが始まろうとしていた。

心地よい香りが部屋中に広がり、私の意識は現実と非現実の間を浮遊し始める。

彼の手の動きはゆっくりと丁寧で、まるで私の体全体を癒してくれるようだった。

このオイル、すごくしっとりしますね…

と私は言った。

洋平は微笑みながら答える。

洋平

そうでしょう?これはアルガンオイルと言って、高級エステサロンでも使使用されているものなんですよ。

彼の声は優しく、手が私の体を滑るたびに、心の中の緊張が少しずつ解けていくのを感じた。

オイルの優しさに包まれ、洋平の手の動きに導かれるまま、私の意識は現実と非現実の間を行き来していた。

日常の喧騒から離れ、特別な空間で癒されていく。

それは言葉では表現できない、不思議な感覚だった。

それとなくいたずらな表情や行動

それとなくいたずらな表情や行動

心地よい香りに包まれながら、ゆっくりとしたリズムで体のコリをほぐしていきます。

彼の手の動きは非常に繊細で、まるで魔法のように疲れを癒してくれました。

彼がオイルを温めて手に取るとき、その手つきがなんとも言えない魅力を放っていました。

オイルを塗る手が私の肌に触れる度に、温かさとともに彼のいたずらっぽい笑顔が思い浮かび、自然と笑みがこぼれました。

マッサージが進む中で、彼の手は徐々に私の敏感なところに触れていきました。

最初は偶然かと思いましたが、次第にそれが意図的なものであることに気づきました。

彼の手が背中から腰、そして太ももへと滑り、その度に私の体は小さく震えました。

…ちょっと…そこは…

彼の声は優しく、その言葉に安心感を覚えました。

彼の手はさらに繊細に、そして意図的に私の敏感なところを刺激してきました。

その度に、心地よい快感が体中に広がり、私は次第にその快感に身を委ねることができました。

クンニで絶頂へ

18歳になった女性用風俗を利用

体の隅々まで癒されているのを実感しながら、私は今日の体験を噛みしめていました。

日頃の疲れやストレスから解き放たれ、新しい自分に出会えた気がします。

そして施術の仕上げに入ると、その心地よさとリラックス感がピークに達しました。

手技と温かみのある対応に、私は完全に身を委ねました。

手と口の施術による絶妙なバランスが、私を絶頂に導きました。

洋平

大丈夫?痛くない?

はい…そのままで…すごく気持ちいいです…

心地よい感覚が全身に広がり、まるで波が押し寄せるような絶頂感が私を包み込みました。

デンマの刺激

デンマの刺激

――イっても終わらない

次に出てきたのは、オモチャだった。

洋平

これはデンマです。使った事はある?

と彼は説明した。

私は少し不安になりながらも、デンマに身を委ねた。

スイッチが入ると、まるで体全体が優しく揺さぶられているような感覚に包まれた。

洋平

どう?気持ちいいね。

うん、不思議な感じ…。でも、だんだん心地よくなってきました。

と私は答えた。振動が体の奥深くまで浸透していくのを感じる。

まるで重力から解放されたような、不思議な浮遊感に包まれていった。

彼はデンマの設定を調整しながら、私の反応を見守っている。

洋平

少し刺激を強めてみましょうか。

私は少し躊躇しながらも、頷いた。

振動が強まると、今まで感じたことのない刺激が体中を駆け巡った。

あっ…これは…すごい…

思わず声が漏れる。

洋平は満足そうに微笑んだ。

洋平

デンマの醍醐味は、ここにあるんです。全身を包み込む振動が、普段は感じることのできない快感を生み出してくれる。日常の疲れやストレスが、一気に解消されていくのを感じられますよ。

私は彼の言葉に頷きながら、新しい刺激に身を委ねていった。

デンマがもたらす振動は、まるで未知の感覚の海原を漂うような体験だった。

時間が経つにつれ、心と体が深いリラックスに包まれていくのを感じた。

すごく気持ちよかったです。こんな感覚は初めてかも…

私は、感想を伝えた。

デンマがもたらしてくれた未知の感覚は、私の中に新しい何かを目覚めさせた気がした。

普段の生活では味わえない、特別なひとときだった。

バイブの体験

バイブの体験
洋平

次は、ちょっと刺激的なアイテムを試してみましょう。

と洋平が言った。

彼が取り出したのは、バイブだった。

洋平

まずは優しい振動から始めますね。

洋平がスイッチを入れると、バイブが唸るような音を立てて動き出した。

肌に当てられた先端が、強力な振動を伝えてくる。

うわっ、これはすごい…!

思わず声が上ずった。

洋平

びっくりした?大丈夫?

洋平が気遣う。

いえ、大丈夫です。ただ、今まで感じたことのないものだったので…

私は答えた。

洋平は私の反応を見ながら、バイブを動かしていく。

洋平

バイブは使い方次第で様々な刺激を生み出せるんです。繊細な部分から、広範囲まで、自在に刺激することができますよ。

バイブがもたらす振動が、私の体を様々な角度から刺激していく。

時に激しく、時に繊細に、まるで未知の感覚の波に飲み込まれていくような体験だった。

ん…これは…ダメなやつ…

言葉を紡ぐのも難しいほど、強烈な快感が全身を支配していく。

彼は私の反応を見ながら、絶妙なタッチでバイブを操っている。

私はバイブがもたらす振動の海原に身を委ねていった。

強烈な刺激に翻弄されながらも、不思議と心が解放されていくのを感じる。

日常では味わえない、特別な感覚に包まれていた。

振動が収まった後も、私の体は余韻に浸っていた。

こんなに強烈な感覚、初めて体験しました…

私は感想を漏らした。

洋平

バイブは、刺激的な体験を求める人におすすめのアイテムです。日常とは違う、ダイナミックな快感を味わえますからね。

――彼の言葉に、私は深く同意した。

バイブがもたらしてくれた未知の感覚は、私の中に眠っていた何かを呼び覚ましたような気がした。

日常では味わえない、特別な興奮を体験できた時間だった。

何度絶頂を迎えたかわからない。

終わりのリラックスタイム

終わりのリラックスタイム

サービスが終わった後、洋平は

洋平

ゆっくりとお休みください。

と優しい声をかけ、静かに腕枕をしてくれた。

彼のプロフェッショナルな対応と温かさに、私は心から感謝の気持ちを抱いた。

再び露天風呂に身を沈めると、心と体が完全にリフレッシュされているのを感じた。

湯船に浮かびながら、今の自分が日常の自分なのか、それとも非日常の自分なのか分からなくなっていた。

けれども、その曖昧さこそが、今の私にとって心地よいものだった。

また来たいな…本当にありがとう

と私は心の中でつぶやいた。

この特別な体験は、私の中に新しい何かを残していった。

日常に戻ったとき、私はきっと少し変わっているだろう。

けれども、それがどのような変化なのか、まだ私自身にも分からない。

ただ、その変化を楽しみにしている自分がいた。

帰り道

帰り道

女性用風俗のサービスを終えた後、私は大宮の街をもう一度散策することにした。

特別な体験を終えた今、街の喧騒も以前とは違って見える。

まるで私自身が、少し違う視点で世界を見ているようだった。

お土産を買い求めながら、私は今日の体験を反芻していた。

現実と非現実が交錯した、不思議な時間。

それは私の中に新しい扉を開いたような気がした。

帰りの新幹線に乗り込み、私は車窓に映る景色を眺めていた。

栃木への片道の費用は、来る時と同じ4,200円だ。

けれども、帰る私は来た時とは違う自分になっているような気がした。

心地よい疲れと満足感に包まれながら、私は自宅へと戻っていった。

セラピスト 洋平の評価

セラピスト 洋平の評価
  • 身長・体重: 175cm・65kg
    • ★★★★
    • バランスの取れた体格で、安心感がありました。
  • 清潔感: 非常に清潔
    • ★★★★★
    • 身だしなみが整っていて、衛生面でも全く問題なし。
  • ルックス点:
    • ★★★☆☆
    • 優しい笑顔が印象的な、好感の持てる男性でした。
  • 会話のうまさ:
    • ★★★★
    • 気さくに話しかけてくれ、リラックスした雰囲気を作ってくれました。
  • 接客姿勢点数:
    • ★★★★★
    • 一つ一つの所作に丁寧さが感じられ、心からのおもてなしを感じました。
  • 力加減:やさしめ
    • ★★★★
    • 優しく親切な対応で、痛みを感じるようなことはありませんでした。
  • テクニック総合点:
    • ★★★★★
    • 力加減や手の動きが絶妙でした。

まとめ

さいたま市大宮のホテル パサディナでの女性用風俗体験は、私にとって特別な時間となった。

日常から離れ、未知なる世界に飛び込む勇気を持てたこと。

そして、自分自身を大切にする時間を持つことの大切さを再認識できたこと。

これらは、私の人生に新しい価値観をもたらしてくれた。

日常に戻った今も、あの時の特別な体験は、私の中で静かに息づいている。

そしてこれからも、私を新しい冒険へと駆り立ててくれるだろう。

――人生は一度きり。

時には日常から離れ、未知なる世界に飛び込んでみることも大切なのかもしれない。

そんな思いを胸に、私は今日も前を向いて歩んでいく。

相談・予約・依頼方法

女性用風俗KaRent(カレント)は、無店舗型性風俗特殊営業届出(第43202010011号)を公安委員会に提出済みの正規女性用風俗店です。

安心してご利用頂けます。

お気軽な質問からどうぞお送りください。

洋平

私の公式LINE・X(Twitter)のDMよりメッセージをお願い致します。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

メッセージでは以下の内容をお知らせ頂くとスムーズです。

  • お名前(ニックネームで構いません)
  • ご希望の日時(複数頂けると助かります)
    • 第1希望:〇月〇日 〇時~
    • 第2希望:〇月〇日 〇時~
  • ご希望のコースと施術時間:ホテルコース 〇分
  • ご利用場所:ご自宅orホテル

詳細な料金システムについては以下のページをご確認ください。

日時や場所が決まった後に、お店にご連絡頂きご予約の確定となります

東京・埼玉発の女性用風俗「KaRent(カレント)」に在籍するセラピストの「洋平」です。

ご予約のほか、ご不安な点や質問がある場合は、いつでもX(旧Twitter)のダイレクトメッセージやLINEでお気軽にお問い合わせください。

出勤日ではない日でも、ご予約を受け付けることが可能な場合がございます。

ご希望の日があれば洋平の公式LINEか、私のX(旧Twitter)DMまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。

フリーアドレスやサブアカウントからのご連絡でも大丈夫です。

ご自身から送りづらい場合は

ブログ見ました

と一言頂ければ私からお迎えに参ります。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次