「できない」を認め弱点に向き合う | トレードオフの必要性とは

できないことを認める

多くの人は、自分にできないことがあるのを素直に認めることを嫌がります。

アメリカの心理学者ダニング博士らの研究によると、能力の低い人ほど自己評価が高く、逆に能力の高い人ほど控えめな自己評価をする傾向があるそうです。

人生の中で一度も触れたことのない分野があるのは当然ですし、苦手意識を持っている領域だってあるでしょう。

でも、自分にとって大切な能力に関しては、「できない」なんて言葉は封印したくなるものです。

私たちは、自分は少なくとも人並み以上の力があると信じたがります。

本音を言えば、平均レベルでは満足できず、周りよりも少しでも秀でていたいと思っているのです。

自分を過大評価しがちなのは、自尊心を保つための心の防衛機能なのかもしれません。

でも、現実を直視することから目を背けていては、本当の成長は望めません。

「できない」と認めることは、自分の弱点を受け入れ、克服するための第一歩です。

苦手なことから逃げずに向き合う勇気を持つことで、新たな可能性が開けるはずです。

今日から、自分の弱点と向き合ってみませんか?

一歩踏み出す勇気が、あなたを成長へと導くでしょう。

こんにちは、女性用風俗店KaRentの洋平です。

175cm 65kg 38歳

2023年11月よりセラピストとして在籍しています。

しんどいとき、寂しい時など「誰かそばにいてくれたら…」と、そんな思いを叶えるためセラピストになりました。

お気軽にご連絡下さい。

在籍:いつでも彼氏KaRent(カレント)

詳しいプロフィール

目次

小売業界のサービス改善の余地

小売業界のサービス改善の余地
洋平

小売業界では顧客満足度の向上が常に課題となっています。

他のサービス業と比べると、まだまだ改善の余地があるようです。

サービス産業生産性協議会の調査では、小売業の顧客満足度は決して高くない水準にとどまっているのが実情です。

出典:サービス産業生産性協議会(SPRING:Service PRoductivity & INnovation for Growth)

接客サービスで物足りなさを感じるのは、店舗側があらゆる客のニーズに応えようと背伸びしすぎているからかもしれません。

「どんな客も逃したくない」という一心で、無理をして対応しているのかもしれません。

しかし、そのやり方では従業員の負担が大きくなりすぎ、かえって中途半端なサービスになってしまう恐れがあります。

経営側も、その問題に気づきながら、なかなか方針を転換できずにいるのではないでしょうか。

顧客のニーズはさまざまです。

  • どんな客層をメインターゲットとし
  • どんな価値を提供するのか

自社の強みを見極めた上で、思い切った「選択と集中」が求められているのかもしれません。

無理のない範囲で質の高いサービスを心がけることが、店舗と顧客の双方にとって望ましい結果をもたらすはずです。

強みを持つにはトレードオフが必要

強みを持つにはトレードオフが必要
洋平

企業は、あれもこれも全てにおいて強みを発揮したいと願っています。

しかし、現実はそう甘くありません。

ある分野で突出した力を発揮するためには、他の何かを犠牲にせざるを得ないのです。

例えば、品質とコストはトレードオフの関係にあります。

品質を上げようとすれば、どうしてもコストは上がります。

トヨタの例

トヨタ自動車のカイゼン活動では、品質を1%上げるために、コストを1%下げることを目標としています。両者のバランスを取る難しさを物語っていますね。

ユニクロの例

ファストファッションのユニクロは、品質よりも価格の安さを重視するビジネスモデルで成功を収めました。しかし、環境問題への配慮が十分でないとの指摘も受けています。

企業はこうした両者のバランスを取る難しい舵取りを迫られているのです。

大きな強みを手に入れるには、他の部分である程度の妥協が必要だということを認識しなければなりません。

自社の目指すべき姿を明確にした上で、強みを活かすために何を犠牲にするのか。

時には大胆な決断が必要です。トレードオフを恐れず、思い切った選択をすることこそが、競争に勝ち抜く力を生むのです。

コマース銀行の顧客重視戦略

コマース銀行の顧客重視戦略
洋平

多くの銀行は、できることなら夜遅くまで窓口を開けておきたいと考えています。

仕事帰りの客にとっては、遅い時間まで開いていてくれたほうがありがたいですからね。

でも、人件費などのコストがネックになって、簡単には実行に移せないのが銀行側の本音でしょう。

そんな中、アメリカのコマース銀行は思い切った戦略に出ました。

なんと年中無休で、平日は夜8時まで窓口営業をしているのです。

他行が真似のできない画期的なサービスを実現させました。

金利を下げる

その代わり、預金金利は極端に低く設定しました。

一般的な銀行の定期預金金利が年0.025%前後であるのに対し、コマース銀行はわずか0.01%

利息よりも利便性を重視する顧客の心をつかむ方針を選んだわけです。

この戦略は見事に的中しました。

雀の涙ほどの金利よりも、365日営業で20時まで空いている銀行の方が利用者にとってメリットがあったわけです。

預金残高は10年間で約8倍に拡大し、業界トップクラスの座に躍り出たのです。

顧客のニーズを的確に捉え、他行にはないサービスを提供したことが成功の鍵となりました。

顧客の視点に立ち、他社との差別化を図ることの大切さを物語る事例だと言えるでしょう。

自社の強みを最大限に活かしつつ、顧客の心をつかむユニークな価値を提供する。

そこにこそ、勝ち残るための秘訣があるのかもしれません。

欠点を持つことは偉大さへの道

欠点を持つことは偉大さへの道
洋平

私たちは「欠点」を恐れすぎているのかもしれません。

弱点をさらけ出すのは勇気のいることですが、そこから学ぶことも多いはずです。

一つのドアを閉じれば、新たな扉が開くこともあります。

Appleの例

アップル社の創業者スティーブ・ジョブズは、大学中退というキャリアの”汚点”がかえって原動力になったと語っています。完璧主義に陥って安全策ばかりを取っていては、平凡な結果しか得られません。

イチローの例

イチローは「小さいミスを恐れずに、大きな失敗をしろ」と言います。ミスを恐れず挑戦することで、大きな成功につながるというわけです。時には思い切って「選択」することが必要なのです。

Facebook(meta)の例

Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグは、「リスクを取らないことが最大のリスクだ」と述べています。安定を求めて現状に留まっているほうが、かえって大きなリスクを背負うことになるのです。

欠点を受け入れ、そこから学ぶ姿勢こそが、本当の意味で偉大なものを生み出す原動力になるのではないでしょうか。

自分の欠点と向き合い、それを乗り越えようと努力することで、人は大きく成長できるはずです。

失敗を恐れず、新しいことに挑戦し続ける。その積み重ねが、あなたを高みへと導いてくれるでしょう。

弱さを認め、学ぶ勇気を持つ

弱さを認め、学ぶ勇気を持つ
洋平

「できない」と言えない心理、「選択と集中」ができない企業の弱点、そして強みを持つためのトレードオフの必要性。

記事の中で取り上げた例は、一見バラバラに見えるかもしれません。

しかし、そこには共通するメッセージがあります。

それは、「弱さを認め、そこから学ぶ勇気を持とう」ということ。

自分の弱みと向き合うことは、けっして楽なことではありません。

だからこそ、多くの人はできないことから目を背けがちなのです。

でも、弱点から逃げずに立ち向かうことで、初めて本当の強さを手に入れることができるのです。

一歩踏み出す勇気さえ持てば、きっとあなたの世界は大きく変わるはずです。

「何でもできます」と言えない接客業の本音

「何でもできます」と言えない接客業の本音
洋平

女性用風俗も広義の意味では接客業です。

接客業に従事していると、お客様から様々な要望を頂くことがあります。

  • こんなことできますか?
  • あんなことやってもらえませんか?

と、ときには無理難題を振られることも。

でも、そんなときに「何でもできます!」と即答するのは、少し危険かもしれません。

接客業として、お客様の要望にできる限りお応えしたいというのは当然の心情です。

燃え尽きる前に

しかし、無理をしすぎては自分自身が燃え尽きてしまいます。

「何でもできる」と過剰に頑張ることで、サービスの質が下がってしまっては本末転倒です。

時と場合によっては、「申し訳ありません、それは難しいです」とお断りすることも必要でしょう。

自分にできること、できないことを見極める冷静な判断力が求められます。

無理のない範囲で、誠実に対応することが大切なのです。

強みを活かした接客スタイルを

強みを活かした接客スタイルを

接客業の仕事は千差万別です。

  • 飲食店
  • 小売店
  • ホテル
  • 交通機関

など、様々な業種業態があります。

求められるサービスのレベルも、それぞれ異なるでしょう。

画一的な「何でもできます」スタイルでは、お客様のニーズに応えきれません。

大切なのは、自分や自社の強みは何かを見極めることです。

  • どんな価値を提供できるのか
  • どんなお客様のニーズに特化するのか

「選択と集中」の視点を持つことで、他社には真似のできないサービスを生み出せるはずです。

セブンイレブンの例

例えば、セブン-イレブンは「近くて便利」をモットーに、徹底した立地戦略とフランチャイズ展開で成長を遂げてきました。

サイゼリヤの例

ファミリーレストランのサイゼリヤは、「Low Cost Operation (LCO)」を徹底することで、圧倒的な低価格を実現。

どちらも、自社の強みを活かした独自の価値提供によって、多くのファンを獲得しているのです。

自分にできることから始める

自分にできることから始める

何かを犠牲にしなければ、大きな強みは得られません。

トレードオフを恐れずに「特化する勇気」を持つこと。それが接客業で生き残るための秘訣と言えるでしょう。

もちろん、いきなり全てを変えるのは難しいかもしれません。

大切なのは、自分にできることから始めてみること。

小さな工夫や改善の積み重ねが、やがて大きな差別化につながっていくはずです。

たとえ失敗したとしても、そこから学ぶことは多いですからね。

「できない」と言えた自分を認め、勇気を持って一歩を踏み出してみましょう。

お客様の笑顔と、自分自身の成長が、その先にきっと待っているはずです。

まとめ

パソコンで文章を書く男性。

接客業で大切なのは、「何でもできます」と背伸びをすることではありません。

自分や自社の強みを活かし、他にはない価値を提供すること。

そのためには、「選択と集中」の視点を持つことが欠かせません。

「できない」と言えなかった自分を恐れずに、小さな一歩から始めてみましょう。

失敗を恐れず、チャレンジし続ける姿勢こそが、接客業で生き残る原動力になるはずです。

お客様の心をつかむ接客は、一朝一夕では身につきません。

日々の積み重ねが、あなたを真のプロフェッショナルへと導いてくれるでしょう。

その先にある輝かしい未来に向けて、今日から一歩を踏み出してみませんか。

相談・予約・依頼方法

女性用風俗KaRent(カレント)は、無店舗型性風俗特殊営業届出(第43202010011号)を公安委員会に提出済みの正規女性用風俗店です。

安心してご利用頂けます。

お気軽な質問からどうぞお送りください。

洋平

私の公式LINE・X(Twitter)のDMよりメッセージをお願い致します。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

メッセージでは以下の内容をお知らせ頂くとスムーズです。

  • お名前(ニックネームで構いません)
  • ご希望の日時(複数頂けると助かります)
    • 第1希望:〇月〇日 〇時~
    • 第2希望:〇月〇日 〇時~
  • ご希望のコースと施術時間:ホテルコース 〇分
  • ご利用場所:ご自宅orホテル

詳細な料金システムについては以下のページをご確認ください。

日時や場所が決まった後に、お店にご連絡頂きご予約の確定となります

東京・埼玉発の女性用風俗「KaRent(カレント)」に在籍するセラピストの「洋平」です。

ご予約のほか、ご不安な点や質問がある場合は、いつでもX(旧Twitter)のダイレクトメッセージやLINEでお気軽にお問い合わせください。

出勤日ではない日でも、ご予約を受け付けることが可能な場合がございます。

ご希望の日があれば洋平の公式LINEか、私のX(旧Twitter)DMまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。

フリーアドレスやサブアカウントからのご連絡でも大丈夫です。

ご自身から送りづらい場合は

ブログ見ました

と一言頂ければ私からお迎えに参ります。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次