「石の上にも三年」は間違い?人生の壁を乗り越える方法と女性用風俗から学んだ教訓

「石の上にも三年」は間違い?人生の壁を乗り越える方法と女性用風俗から学んだ教訓

こんにちは、東京・埼玉の女性用風俗KaRent(カレント)のセラピスト〝洋平〟です。

先日こんなポストをしました。

人生の壁にぶつかった時、「石の上にも三年」や「置かれた場所で咲きなさい」という言葉は、時に逆効果になることがある。なぜなら、そこには「今すぐ成長しろ」というプレッシャーが隠れているからだ。追い詰められた状況では、まず心の安定を取り戻すことが大切であり、周りの人は励ましよりも寄り添うことが必要だ。

誰もが人生において、仕事や人間関係、自分自身に対する疑問など、様々な壁にぶつかる時があります。

そんな時、「石の上にも三年」という言葉を聞くことがあるでしょう。

しかし、この言葉は本当に適切なのでしょうか。

洋平

女性用風俗で働く私が、人生の壁と向き合う方法について考えてみました。

こんにちは、女性用風俗店KaRentの洋平です。

175cm 65kg 38歳

2023年11月よりセラピストとして在籍しています。

しんどいとき、寂しい時など「誰かそばにいてくれたら…」と、そんな思いを叶えるためセラピストになりました。

お気軽にご連絡下さい。

在籍:いつでも彼氏KaRent(カレント)

詳しいプロフィール

目次

人生の壁にぶつかった時、「石の上にも三年」は本当に適切なのか?

誰もが人生において、仕事や人間関係、自分自身に対する疑問など、様々な壁にぶつかる時があります。

そんな時、周りから

  • 「石の上にも三年」
  • 「置かれた場所で咲きなさい」

といった言葉をかけられることがあるでしょう。

しかし、こうした言葉は果たして適切なのでしょうか。

実は、これらの言葉には「今すぐ成長しろ」というプレッシャーが隠れています。

追い詰められて心に余裕がない状態で、このようなプレッシャーをかけられても、なかなか前向きになれないものです。

むしろ、自分を責めてしまったり、さらに気持ちが沈んでしまったりする可能性があるのです。

窮地に立たされた時に必要なのは心の安定

困難な状況に直面した時、まず必要なのは心の安定を取り戻すことです。

周囲の人は、安易に励ましの言葉を投げかけるのではなく、そっと寄り添い、じっくりと話を聴いてあげることが大切なのです。

当事者の心情に共感し、その苦しみを理解しようとすることが、相手の心を開くきっかけになります。

そして、じっくりと話を聞くことで、問題の本質が見えてくることもあるでしょう。

時には、専門家によるカウンセリングや医療的なサポートが必要になる場合もあります。

一人ひとりの個性を尊重することの大切さ

私には小学生の頃、よく空想にふけるクラスメイトがいました。

彼は授業中もぼんやりしていることが多く、成績は芳しくありませんでした。

先生は彼に「もっと頑張りなさい」と言い、級友は彼を「できない子」呼ばわりしていました。

しかし、彼には彼なりの世界があったのです。

放課後、川原で一緒に遊んでいると、彼はいつも独特の視点で自然を眺め、私には思いもよらないようなことを言います。

  • 「ねえ、この石、どこから来たと思う?」
  • 「雲ってほら、あの形、なんだか怪獣みたいだよね」

彼の感性は、いつも新鮮でした。

彼が大人になってどんな人生を歩むのだろうと想像すると、きっと既成の枠にはまらない、自由な生き方をするのではないかと思います。

だからこそ、今は彼なりのペースで世界を見つめていればいいのです。

人はそれぞれに、自分だけの歩幅を持っています。早く走る人もいれば、ゆっくり歩む人もいます。

大切なのは、その人らしいペースで、一歩一歩前に進んでいくことです。

周りが時には温かく、時には厳しく見守ることで、その人なりの花を咲かせる手助けができるのではないでしょうか。

立ち止まって深呼吸を。自分を責めずにゆっくり休むことも大切

窮地に立たされた時、すぐに抜け出せなくてもいいのです。

まずは立ち止まって、深呼吸をすることが大切です。

自分を責めずに、ゆっくり休むことも必要なのです。

そう、石の上で三年座り込んだっていいのです。

大切なのは、三年経ってもなお、そこから再び歩き出す勇気を持つことなのですから。

女性用風俗という仕事を通じて感じた、人生の多様性

私は今、風俗で働いています。

世間的にはあまりポジティブなイメージのない職業かもしれません。

しかし、この仕事を通じて、私は様々な人生があることを実感してきました。

女性用風俗で働く男性の中には、様々な事情を抱えている人が少なくありません。

  • 経済的な困窮
  • 家庭環境の問題
  • 性的マイノリティであること

など、一人ひとりに複雑な背景があるのです。

社会の偏見や差別に苦しんでいる人もいれば、自分の居場所を見失っている人もいます。

私はこの仕事を通じて、そうした様々な人生と出会ってきました。

お客様の中には、日々のストレスから解放されたい人、孤独を紛らわしたい人、自分の性的指向に悩む人などがいます。

彼らに寄り添い、じっくりと話を聴くことで、少しずつ心を開いてくれるようになるのです。

風俗という仕事は、社会的には低く見られがちです。

それには以下のような課題が関係しています。

  • 性を商品化することへの倫理的な問題
  • 違法性の高さ
  • STDのリスク
  • 男性の風俗従事者はマイノリティ
  • 理解者を得ることが難しい

しかし、私はこの仕事を通じて、人間の多様性や、生きることの難しさ、そして寄り添うことの大切さを学んできました。

一人ひとりの人生には、表面からは見えない複雑な事情があります。

それを理解しようと努力することが、私にできる最大のことなのかもしれません。

セクシャルマイノリティの生きづらさと、理解者の必要性

女性用風俗で働く中で、私は多くのセクシャルマイノリティの方々とも出会ってきました。

  • ゲイ
  • バイセクシャル
  • トランスジェンダー

など、様々な性的指向・性自認の人たちです。

彼らの多くは、社会の偏見や差別に苦しんでいます。

セクシャルマイノリティの人たちが直面する困難は、性的指向や性自認そのものからくるものではありません。

社会の無理解や偏見、差別が、彼らを苦しめているのです。例えば、

  • ゲイの男性は「男らしくない」と言われ、職場や学校でいじめに遭うことがある
  • トランスジェンダーの人は、自分の性自認に合った生活を送ることが難しく、生きづらさを感じている
  • こうした問題は、セクシャルマイノリティの自殺率の高さにも表れている

風俗という仕事は、セクシャルマイノリティの人たちにとって、数少ない「居場所」の一つなのかもしれません。

社会の偏見から逃れ、自分らしくいられる空間。

しかし、それは本来あるべき姿ではありません。

セクシャルマイノリティの人たちが、風俗という「隠れ家」を必要とせずに、堂々と社会で生きていけるようになることが理想です。

そのために必要なのは、一人ひとりの理解と寛容さだと私は考えています。

性的マイノリティについて正しい知識を持ち、偏見や差別をなくしていく努力。

そして何より、一人の人間として、その人らしさを尊重していくこと。

それが、多様性を認め合える社会につながっていくはずです。

一人ひとりのペースに合わせて、共に歩んでいくことが大切

風俗の仕事を通じて私が学んだのは、以下のようなことです。

  • 一人ひとりのペースに合わせて、共に歩んでいくことの大切さ
  • お客様の中には、生きる意味を見失っている人、自己肯定感が持てない人もいる
  • そんな彼らに寄り添い、じっくりと話を聴くことで、少しずつ心を開いてくれるようになる
  • 時には、風俗という仕事を辞めて新しい人生を歩み始める人もいる

そうした変化を目の当たりにすると、この仕事をしていてよかったと心から思うのです。

もちろん、風俗という仕事が全てのお客様にとって「救い」になるわけではありません。

むしろ、依存症を引き起こしたり、現実逃避の手段になってしまったりする危険性もはらんでいます。

だからこそ、風俗という「一時的な逃げ場」に頼るのではなく、根本的な問題解決に向き合っていくことが大切なのです。

人生に正解はない。あなたらしく、あなたのペースで歩めばいい

人生に正解はありません。

ただ、あなたらしく、あなたの歩幅で進めばいいのです。

つまずいても、後ろを振り返らずにはいられなくなっても、それでいいのです。

なぜなら、人生とは結局のところ、自分の物語を紡いでいく旅だからです。

大切なのは、自分を信じること、自分らしさを大切にすることです。

周囲の評価や社会の常識に縛られず、自分の心に正直に生きていくこと。

時には勇気が必要かもしれません。

でも、そうやって自分らしい人生を歩んでいくことで、きっと真の幸せに出会えるはずです。

風俗という仕事は、社会の闇の部分を映し出しているのかもしれません。

  • 経済格差
  • 偏見
  • 孤独
  • 性をめぐる問題

しかし同時に、そこには人間の多様性や、生きることの複雑さ、そして寄り添うことの大切さも存在しています。

私は今日も、人々の心に寄り添っていきます。

そっと手を差し伸べ、話に耳を傾けます。一緒に、自分だけの道を歩んでいこうと伝えます。

それが私にできる、精一杯のことなのですから。

あなたが今、人生の壁にぶつかっているのなら、どうか焦らずに、ゆっくりと歩んでいってください。

立ち止まって、深呼吸をすることも大切です。そして、あなたらしい歩幅で、一歩一歩前に進んでいってください。

きっと、あなたの人生の先には、かけがえのない景色が広がっているはずです。

その景色を見るために、今日も歩み続けましょう。あなたの人生は、あなただけのものなのですから。

多様な生き方を認め合い、一人ひとりの人生を大切にする社会。

それは一朝一夕には実現しないかもしれません。

しかし、一人ひとりの小さな理解と寛容さの積み重ねが、やがて大きな変化を生み出していくはずです。

風俗という仕事を通じて、私はそのことを強く感じています。

だから、これからも人々の心に寄り添い続けたいと思うのです。

それが、私なりの社会への恩返しなのかもしれません。

まとめ

人生に正解はありません。

大切なのは、自分を信じること、自分らしさを大切にすることです。

周囲の評価や社会の常識に縛られず、自分の心に正直に生きていくこと。

時には勇気が必要かもしれません。

でも、そうやって自分らしい人生を歩んでいくことで、きっと真の幸せに出会えるはずです。

多様な生き方を認め合い、一人ひとりの人生を大切にする社会を目指して、今日も一歩ずつ前に進んでいきましょう。

相談・予約・依頼方法

女性用風俗KaRent(カレント)は、無店舗型性風俗特殊営業届出(第43202010011号)を公安委員会に提出済みの正規女性用風俗店です。

安心してご利用頂けます。

お気軽な質問からどうぞお送りください。

洋平

私の公式LINE・X(Twitter)のDMよりメッセージをお願い致します。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

メッセージでは以下の内容をお知らせ頂くとスムーズです。

  • お名前(ニックネームで構いません)
  • ご希望の日時(複数頂けると助かります)
    • 第1希望:〇月〇日 〇時~
    • 第2希望:〇月〇日 〇時~
  • ご希望のコースと施術時間:ホテルコース 〇分
  • ご利用場所:ご自宅orホテル

私に直接連絡を取る事に抵抗がある場合は、公式サイトのWEBフォームより24時間予約可能です。

>>【WEB予約】女性用風俗KaRent

詳細な料金システムについては以下のページをご確認ください。

日時や場所が決まった後に、お店にご連絡頂きご予約の確定となります

東京・埼玉発の女性用風俗「KaRent(カレント)」に在籍するセラピストの「洋平」です。

ご予約のほか、ご不安な点や質問がある場合は、いつでもX(旧Twitter)のダイレクトメッセージやLINEでお気軽にお問い合わせください。

出勤日ではない日でも、ご予約を受け付けることが可能な場合がございます。

ご希望の日があれば洋平の公式LINEか、私のX(旧Twitter)DMまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。

フリーアドレスやサブアカウントからのご連絡でも大丈夫です。

ご自身から送りづらい場合は

ブログ見ました

と一言頂ければ私からお迎えに参ります。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次