セフレ関係の真実:メリット、デメリット、心理的影響から上手な付き合い方

セフレ関係の真実:メリット、デメリット、心理的影響から上手な付き合い方

現代社会において、セフレ関係は珍しいものではなくなりました。

しかし、セフレ関係を維持するためのルールや、その関係が及ぼす影響については、まだまだ理解が浅いのが現状です。

この記事でわかること:

  • セフレ関係のメリットとデメリット
  • セフレとの関係を終了するタイミングと方法
  • セフレ関係が及ぼす心理的影響
  • セフレ関係とパートナーシップの違い

この記事がおすすめな人:

  • セフレ関係について理解を深めたい人
  • セフレとの関係に悩んでいる人
  • 健全な人間関係を築きたい人
  • 自分に合った関係性を見つけたい人

セフレ関係を維持するためのルールや、その関係が及ぼす影響については、まだまだ理解が浅いのが現状です。

このブログ記事では、セフレ関係のメリットとデメリット、関係を終了するタイミングと方法、セフレ関係が及ぼす心理的影響、そしてパートナーシップとの違いについて詳しく解説します。

セフレ関係について理解を深め、健全な人間関係を築くためのヒントを得ることができるでしょう。

こんにちは、女性用風俗店KaRentの洋平です。

175cm 65kg 38歳

2023年11月よりセラピストとして在籍しています。

しんどいとき、寂しい時など「誰かそばにいてくれたら…」と、そんな思いを叶えるためセラピストになりました。

お気軽にご連絡下さい。

在籍:いつでも彼氏KaRent(カレント)

詳しいプロフィール

目次

セフレの4つのタイプとその特徴

洋平

セフレには、大きく分けて4つのタイプがあります。

1番表面的な関係であるワンナイトスタンドから、最も親密度の高いベネフィットフレンドまで、それぞれの特徴を見ていきましょう。

ワンナイトスタンド

感情的な親密さや仲の良さを伴わない、1番表面的なセフレ関係です。

多くの場合、一夜限りの関係で終わります。

会って間もない知り合いとの間で起こることが多いでしょう。

ワンナイトスタンドのメリットは、感情的に揉めにくいことです。

しかし、特殊なプレイや親密な関係でしかできないセックスには向かないというデメリットもあります。

パートナーとの趣味嗜好を十分に話し合っていない状態で、セフレとのセックスの方が気持ち良いと感じてしまうのは危険な兆候です。

最も気持ち良いセックスは、40~50年連れ添った夫婦がするものだと言われています。

性的快感は関係性によって決まるのです。

ブーティーコール

お互いにセフレを求めている男女の間で起こる関係です。

ワンナイトスタンドとの違いは、お互いに求めているので繰り返しセックスをする点です。

ただし、お互いに掛け替えのない存在ではなく、最低限の関係性と言えます。

愛情の共有と性欲の発散が目的で、ブーティーコールの関係を持つ人は他にもセフレがいることが多いでしょう。

ファックバディ

セックスもする友人関係です。

一緒に飲んだり遊んだりもするので、セックスをする知り合いから友だちへと関係が深まっていきます。

定期的にセックスをする関係と言えるでしょう。

ベネフィットフレンド

セフレ関係の中で最も親密度が高い関係です。

特徴として、最初からセックスから入るのではなく、まずは友だちとして付き合い、途中からセックスをするようになります。

ただし、数週間で終わる場合もあれば、何年も続く場合もある不安定な関係です。

ベネフィットフレンドは、セフレ関係としては1番良い関係と言えますが、それでも不安定な関係であることに変わりはありません。

セックスをしなくなって普通の友人関係に戻ることもあるでしょう。

セフレ関係を維持するための3つのルール

洋平

セフレ関係を上手に維持するには、いくつかのルールを守ることが大切です。

ニューヨーク性愛センターのサリー・クーパー博士が提唱する3つのルールを見ていきましょう。

セックスに関する基本ルールを恋人よりも細かく決める

  • オーラルセックスをするかどうか
  • 性行為の写真や動画を撮ることへの抵抗感
  • SMプレイの許容範囲
  • セックスする場所

などを予め相談しておくことが大切です。

これらのルールを決めておくことで、お互いの期待値のズレを防ぎ、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

また、セフレと良い関係を築ける人は、パートナーとも良好な関係を築ける傾向にあります。

  • 言いづらいことを言えたり
  • 自分の常識を押し付けなかったり
  • 相手のニーズや趣味嗜好を細かく聞けたり

コミュニケーション能力が、セフレという難易度の高い関係の維持に役立つのです。

さらに、夫婦や恋人同士でも、セックスの基本ルールを決めておくことが推奨されます。

セックスに関する話題は避けがちですが、お互いの期待値を擦り合わせておくことで、より良い関係を築くことができるでしょう。

ベッドルーム外での愛着境界線を作る

セックスは愛着を生むものです。

セフレ関係を維持するには、ベッドルームの中では仲良くしつつ、外では一定の距離感を保つ必要があります。

具体的には、普段の連絡回数を制限したり、デートをしないようにしたりするのが効果的です。

曜日や頻度、時間などのルールを決めておくと良いでしょう。

また、セックス以外で愛着が深まるような行為は控えめにするのが賢明です。

さらに、どうなったらセフレ関係の距離感が壊れるのかを話し合っておくことも大切です。

お互いの期待値を確認し、関係の限界点を見極めておきましょう。

ただし、結婚や恋愛を型にはめ過ぎるのは禁物です。

セフレがいた方が上手くいくパターンもあることを理解しておく必要があります。

お互いのニーズに合わせて、柔軟にルールを設定していくことが重要でしょう。

お互いの関係の希望を確認しておく

セフレ関係は、基本的に長くは続きません。

長くても2年程度が限界でしょう。

そのため、お互いの関係のゴールを決めておくことが大切です。

例えば、どちらかにパートナーができたら関係を止めるなどのルールを確認しておくと良いでしょう。

また、お互いの性欲レベルが大きく異なる場合は、セフレがいた方が上手くいくパターンもあります。

セフレ関係は、あくまでも一時的なものであることを念頭に置き、お互いの希望を尊重し合うことが大切です。

関係の限界を見極め、適切なタイミングで終わらせる勇気も必要でしょう。

セフレ関係から学ぶコミュニケーション能力

洋平

セフレ関係を維持するには、優れたコミュニケーション能力が求められます。

セフレと良い関係を築ける人の特徴として、

  • 言いづらいことを言えること
  • 自分の常識を押し付けないこと
  • 相手のニーズや趣味嗜好を細かく聞けること

などが挙げられます。

言いづらいことを言える勇気は、セックスに関する細かいルールを決める際に特に重要です。

恥ずかしがらずに自分の意見を伝えることで、お互いの期待値のズレを防ぐことができます。

また、自分の常識を押し付けないことも大切です。

セフレ関係は多様であり、一般的な恋愛のルールに当てはまらないことも多いでしょう。

相手の価値観を尊重し、柔軟に対応できる姿勢が求められます。

ニーズと性的嗜好

さらに、相手のニーズや趣味嗜好を細かく聞けることも重要です。

セフレ関係を維持するには、相手の望むことを理解し、それに応えていく必要があります。コミュニケーションを密に取り、相手の心理状態を把握する努力が欠かせません。

このようなコミュニケーション能力は、セフレ関係だけでなく、パートナーとの関係構築にも活かせます。

例えば、セックスに関する細かいルールを決めておくことは、夫婦や恋人同士でも大切なことです。

お互いの性的嗜好やニーズを理解し、尊重し合うことは、関係の満足度を高めるために欠かせません。

また、相手の価値観を受け入れ、柔軟に対応する姿勢も重要でしょう。

セフレ関係を維持するために必要なコミュニケーション能力は、あらゆる人間関係に応用できるスキルだと言えます。

相手との対話を大切にし、互いの理解を深めていく努力が、良好な関係構築の鍵となるでしょう。

セフレ関係は、一見すると不安定で危うい関係に思えるかもしれません。

しかし、適切なルールを設け、お互いを尊重し合うことができれば、セフレ関係からも多くの学びを得ることができるでしょう。

パートナーとの関係構築に活かせるコミュニケーション能力を身につける機会と捉え、前向きに向き合っていきたいものです。

セフレ関係から得られる学びを、自分自身の成長や、より良い人間関係の構築に活かしていくことが大切です。

セフレ関係のメリットとデメリット

洋平

セフレ関係には、メリットとデメリットの両面があります。

メリット

まず性的欲求を気軽に満たせることが挙げられます。

特に、恋人がいない時期や、長期的な関係に縛られたくない人にとって、セフレは性的なはけ口となるでしょう。

また、セフレ関係は恋愛関係に比べて気軽であるため、情緒的な負担が少ないというメリットもあります。

時間的・精神的なコミットメントが少なくて済むので、自分の自由な時間を確保しやすいと言えます。

デメリット

最大のデメリットは、感情的な混乱を招きやすいことです。

特に、セックスには愛着ホルモンの分泌を促す作用があるため、セフレとの関係が深まるにつれて、恋愛感情が芽生える可能性があります。

片方だけが恋愛感情を抱いてしまうと、関係が複雑化し、感情的な傷つきを経験するかもしれません。

また、セフレ関係では性感染症のリスクも高まります。

お互いの性生活を完全に把握することは難しいため、定期的な検査と適切な予防措置が不可欠です。

セフレとの関係を終了するタイミングと方法

洋平

セフレ関係を上手に維持するには、関係を終了すべきタイミングを見極められることが重要です。

関係を終了すべきサインとしては、以下のようなものがあります。

  1. 片方または両方が感情的に依存し始めている
  2. 片方が恋愛感情を抱き始めている
  3. セックス以外の時間を一緒に過ごすことが増えている
  4. 決めたルールが守られなくなっている
  5. 嫉妬心が芽生え始めている

これらのサインが見られる場合、関係を見直す必要があるでしょう。

関係を終了する際は、直接会って話し合うことが大切です。

メッセージや電話ではなく、face-to-faceで誠実に気持ちを伝えましょう。

関係の終了後は、友人関係に移行するか、完全に関係を断つかを決める必要があります。

友人関係に移行する場合は、セックスをしないことを明確にし、新たな関係性のルールを定めましょう。

セフレ関係が及ぼす心理的影響

洋平

セフレ関係は、自尊心に影響を与える可能性があります。

肯定的な影響としては、性的な魅力を確認できることや、性的スキルに自信を持てることなどが挙げられます。

一方で、否定的な影響としては、「都合の良い存在」として扱われていると感じることや、感情的な結びつきの欠如により孤独を感じることなどがあります。

また、セフレ関係は恋愛観や性観にも影響を及ぼします。

casual sexを肯定的に捉えるようになる一方で、性を軽視しているのではないかと自問自答する人もいるでしょう。

セフレ関係を経験することで、性に対する意識が変化することは確かです。

自分の価値観と向き合い、セフレ関係を通して得た学びを今後の人生に活かしていくことが大切です。

セフレ関係とパートナーシップの違い

洋平

セフレ関係とパートナーシップの最大の違いは、感情的な結びつきの深さです。

パートナーシップでは、愛情や信頼、依存といった感情的な絆が重要視されます。

一方、セフレ関係ではこれらの感情は最小限に抑えられます。

また、パートナーシップには将来性があります。

結婚や子育て、人生の共有といった長期的な展望を持つことができるでしょう。

対して、セフレ関係は基本的に一時的なものであり、将来的なコミットメントは期待されません。

社会的な認知度の面でも、両者には大きな違いがあります。

パートナーシップは公然性が高く、家族や友人への紹介も自然に行われます。

一方、セフレ関係は秘密裏に行われることが多く、社会的な承認を得ることは難しいでしょう。

セフレ関係とパートナーシップはそれぞれ異なる特徴を持っています。

どちらの関係性を選ぶかは、個人の価値観や人生の目標に大きく依存します。

自分に合った関係性を見極め、選択していくことが重要です。

セフレ関係にもパートナーシップにも、メリットとデメリットがあることを理解した上で、賢明な判断を下していきたいものです。

まとめ

洋平

セフレ関係は、メリットとデメリットを両方持ち合わせています。

上手に付き合うためには、明確なルールを設定し、コミュニケーションを大切にすることが不可欠です。

また、セフレ関係が自尊心や恋愛観に及ぼす影響を理解し、必要に応じて関係を見直すことが重要でしょう。

セフレ関係とパートナーシップは本質的に異なるものであり、自分に合った関係性を選択していくことが大切です。

セフレ関係について理解を深め、得た学びを活かしながら、健全で充実した人間関係を築いていきましょう。

相談・予約・依頼方法

女性用風俗KaRent(カレント)は、無店舗型性風俗特殊営業届出(第43202010011号)を公安委員会に提出済みの正規女性用風俗店です。

安心してご利用頂けます。

お気軽な質問からどうぞお送りください。

洋平

私の公式LINE・X(Twitter)のDMよりメッセージをお願い致します。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

メッセージでは以下の内容をお知らせ頂くとスムーズです。

  • お名前(ニックネームで構いません)
  • ご希望の日時(複数頂けると助かります)
    • 第1希望:〇月〇日 〇時~
    • 第2希望:〇月〇日 〇時~
  • ご希望のコースと施術時間:ホテルコース 〇分
  • ご利用場所:ご自宅orホテル

詳細な料金システムについては以下のページをご確認ください。

日時や場所が決まった後に、お店にご連絡頂きご予約の確定となります

東京・埼玉発の女性用風俗「KaRent(カレント)」に在籍するセラピストの「洋平」です。

ご予約のほか、ご不安な点や質問がある場合は、いつでもX(旧Twitter)のダイレクトメッセージやLINEでお気軽にお問い合わせください。

出勤日ではない日でも、ご予約を受け付けることが可能な場合がございます。

ご希望の日があれば洋平の公式LINEか、私のX(旧Twitter)DMまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。

フリーアドレスやサブアカウントからのご連絡でも大丈夫です。

ご自身から送りづらい場合は

ブログ見ました

と一言頂ければ私からお迎えに参ります。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次