女性用風俗の未来とは?過去の歴史から読み解く業界の行方

これからの女性用風俗どうなる

女性用風俗のウェブ業界は、今大きな転換点を迎えようとしています。

大手ポータルサイト「女性用風俗版のシティヘブン」の登場により、業界の地殻変動が予想されるからです。

本記事では、過去の風俗業界の歴史を振り返りながら、女性用風俗業界の未来を展望します。

禁酒法時代のスピークイージーから、現代の男性用風俗業界まで、さまざまな事例を通して、業界の課題と可能性を探ります。

こんにちは、女性用風俗店KaRentの洋平です。

175cm 65kg 38歳

2023年11月よりセラピストとして在籍しています。

しんどいとき、寂しい時など「誰かそばにいてくれたら…」と、そんな思いを叶えるためセラピストになりました。

お気軽にご連絡下さい。

在籍:いつでも彼氏KaRent(カレント)

詳しいプロフィール

目次

禁酒法時代のスピークイージーと女性用風俗業界の共通点

洋平

1920年から1933年までのアメリカ禁酒法時代、酒類の製造・販売・輸送が全面的に禁止されました。

しかし、この禁止令は、かえって秘密の酒場「スピークイージー」を生み出す結果となりました。

スピークイージーは、表向きは違法でありながら、アンダーグラウンドな世界で絶大な人気を博しました。

人々は、法の目を盗んで酒を楽しみ、自由と刺激を求めてスピークイージーに通ったのです。

このスピークイージーの隆盛は、現在の女性用風俗業界の状況と重なる部分があります。

女性用風俗も、表向きは社会的に認知されていないものの、水面下では着実に人気を集めています。

公には語られにくい「秘めた欲求」を満たす場として、多くの女性に支持されているのです。

スピークイージーと女性用風俗は、ともに「禁断の果実」的な魅力で人々を惹きつけているのかもしれません。

禁酒法の失敗と解禁の背景

では、なぜスピークイージーは禁止され、そして解禁されたのでしょうか。

禁酒法は、当時のアメリカ社会が抱えていた飲酒問題の解決を目的として導入されました。

しかし、皮肉なことに、禁酒法はかえって犯罪の温床となり、社会問題を悪化させる結果となったのです。

マフィアが台頭し、地下経済が拡大するなど、禁酒法はアメリカ社会に大きな混乱をもたらしました。

また、国民の間でも禁酒法への反発が強まり、法の形骸化が進みました。

こうした状況を受けて、1933年、禁酒法は解禁されることになりました。

解禁の背景には、「禁止するのではなく、適切に管理・規制する方が、社会問題の解決につながる」という考え方の転換がありました。

女性用風俗業界も、同様の岐路に立たされているのかもしれません。

単に禁止するのではなく、適正化に向けた取り組みを進めることが、業界の健全な発展につながるのではないでしょうか。

女性用風俗業界の適正化に向けて

禁酒法時代のスピークイージーの歴史は、女性用風俗業界にとって示唆に富んでいます。

スピークイージーが人気を博した背景には、人々の「秘めた欲求」があったように、女性用風俗も女性の多様なニーズに応えている側面があります。

一方で、スピークイージーがもたらした社会問題は、放置すれば女性用風俗業界にも起こりうる危険性を示唆しています。

女性用風俗業界が健全に発展するためには、スピークイージーの二の舞を踏まないための工夫が求められます。

具体的には、業界の適正化に向けた自主的な取り組みや、行政との連携による法整備などが重要になるでしょう。

また、女性用風俗に対する社会的な理解を深めることも欠かせません。

一部の反対意見に配慮しつつも、多様な価値観を認め合える社会の実現を目指すことが、業界の未来を切り拓くことにつながるはずです。

吉原に見る風俗業界の発展と衰退の歴史

殿予約がおすすめな女性客、おすすめでない女性客
洋平

江戸時代の吉原は、幕府公認の遊郭として栄えました。

当時の社会情勢や人々のニーズを反映し、独自の文化を形成していました。

しかし、明治時代に入り、娼妓解放令や廃娼運動の影響で、吉原は衰退の一途をたどります。

その後、第二次世界大戦後の混乱期には、闇市として復活を遂げましたが、売春防止法の施行により再び衰退しました。

現在では法整備もできており、吉原は超高級ソープ街として発展し、町並みも当時の面影を残しています。

女性用風俗業界も、時代の変化とともに盛衰を繰り返すことが予想されます。

法規制や社会のニーズに応じて、業界は変化を迫られるでしょう。

風俗業界と法規制の関係性

吉原の歴史が示すように、風俗業界は常に法規制との関係性の中で存在してきました。

女性用風俗業界も、同様の課題に直面することが予想されます。

業界に影響を与える法律の施行や改正は、サービス形態や顧客層に大きな変化をもたらすでしょう。

一方で、法の抜け道を巧みに利用し、新たなサービスを生み出すことで生き残りを図ることも考えられます。

女性用風俗業界が持続的に発展するためには、適法性と顧客ニーズのバランスを取ることが重要になります。

同時に、法規制の変化をチャンスと捉え、イノベーションを起こすことも求められるでしょう。

大手ポータルサイト「女性用風俗版のシティヘブン」の登場

大手ポータルサイト「女性用風俗版のシティヘブン」の登場

2024年4月22日にリリース予定の大手ポータルサイト「女性用風俗版のシティヘブン」は、女性用風俗業界に大きな変革をもたらすことが予想されます。

従来、女性用風俗店の情報は分散していて、利用者が店舗を比較・選択することは容易ではありませんでした。

現状Googleで「女性用風俗(女風)」と検索すると、

  • 東京秘密基地
  • 萬天堂
  • 女性用風俗.com
  • kaikan
  • 文春オンライン

このようなランキングになっています。

しかし、「女性用風俗版のシティヘブン」の登場により、店舗情報が集約され、可視化されることで、利用者の利便性は大幅に向上するでしょう。

一方で、情報の可視化は店舗間の競争を激化させ、差別化やサービス品質の向上が求められるようになります。

「女性用風俗版のシティヘブン」は、業界の発展に寄与する一方で、新たな課題も生み出すことが予想されます。

大手メディアの影響力拡大と店舗への影響

大手ポータルサイト「女性用風俗版のシティヘブン」の登場
洋平

「女性用風俗版のシティヘブン」を運営する大手メディアは、その知名度と信頼性から多くの利用者を集めることが予想されます。

そのため、掲載店舗はポータルサイトへの依存度が高まり、メディア側の方針に従わざるを得なくなる可能性があります。

大手メディアの影響力拡大は、店舗の自主性や独自性を制限し、画一化を招く恐れがあります。

また、手数料やランキングシステムの導入により、店舗は広告費用の負担増や、ランキング操作などの不正行為に巻き込まれるリスクも高まります。

「女性用風俗版のシティヘブン」は、業界のパワーバランスを大きく変える可能性を秘めています。

既存の業界秩序の変化と新市場の開拓

大手ポータルサイト「女性用風俗版のシティヘブン」の登場

「女性用風俗版のシティヘブン」の登場は、既存の業界秩序を大きく変える可能性があります。

大手メディアの参入により、これまでの業界内の暗黙のルールや、店舗間のパワーバランスが崩れ、新たな秩序が形成されていくかもしれません。

一方で、ポータルサイトの登場は、新たな顧客層の開拓にもつながります。

従来、女性用風俗店を利用していなかった層が、利便性の高さから新たに利用を始める可能性があります。

市場の拡大は、業界全体の活性化につながる一方で、既存店舗にとっては新たな競合の出現を意味し、生き残りをかけた競争が激化することが予想されます。

女性用風俗業界は、変化を恐れるのではなく、チャンスと捉えることが重要です。

「女性用風俗版のシティヘブン」時代のセラピストの立ち回り

大手ポータルサイト「女性用風俗版のシティヘブン」の登場
洋平

「女性用風俗版のシティヘブン」の登場により、セラピスト個人の差別化とブランディングがこれまで以上に重要になります。

画一的な情報が溢れる中で、自分の個性や強みを明確に打ち出し、特別な存在として認知されることが求められます。

SNSやブログを活用した情報発信は、セラピストにとって有効な手段となるでしょう。

自分の魅力を直接的に伝え、ファンを獲得することで、ポータルサイトに依存しない集客力を身につけることができます。

ただし、過度な露出やプライベートな情報の公開は、トラブルを招く恐れがあるため、慎重な取り組みが必要です。

個人ブランディングとSNS活用は、セラピストの生存戦略として欠かせない要素になるでしょう。

アンダーグラウンドな魅力の維持と新規顧客への対応

アンダーグラウンドな魅力の維持と新規顧客への対応

「女性用風俗版のシティヘブン」の登場によって業界が大衆化する中、アンダーグラウンドな魅力を維持することも重要です。

特別な雰囲気やサービスを提供することで、ポータルサイトでは得られない価値を顧客に提供し、固定客を確保することができるでしょう。

一方で、ポータルサイトの登場により、新たな顧客層が流入することも予想されます。

セラピストは、こうした新規顧客のニーズを的確に把握し、柔軟に対応することが求められます。

従来の固定観念にとらわれず、新しいサービスや価格設定を検討することも必要でしょう。

セラピストには、既存顧客と新規顧客のバランスを取りながら、自身の魅力を最大限に発揮することが期待されています。

口コミ・ランキング信頼度低下への業界の対応策

口コミ・ランキング信頼度低下への業界の対応策
洋平

口コミやランキングへの信頼度が低下した場合、ポータルサイトの運営者は透明性の向上に取り組む必要があります。

ランキングの算出方法や、口コミの検証プロセスを明確に示すことで、利用者の疑念を払拭することができるでしょう。

また、評価システムの公平性を担保するために、第三者機関による監査や、不正行為に対する厳格な対処が求められます。

一方で、過度の規制は、利用者の自由な意見交換を阻害する恐れもあるため、バランスの取れた運営が必要です。

透明性と公平性の向上は、ポータルサイトの信頼性を高め、健全な競争環境を整備するために不可欠な取り組みと言えるでしょう。

女性用風俗業界の健全な発展のためには、ポータルサイトの果たす役割は大きいと考えられます。

実体験に基づくPRと顧客コミュニケーションの強化

口コミやランキングへの信頼度が低下した場合、店舗やセラピストは実体験に基づくPRを重視すべきです。

サービスの質や雰囲気を、具体的なエピソードやインタビューを通じて伝えることで、利用者の共感を得ることができるでしょう。

また、顧客との直接的なコミュニケーションを強化し、ニーズや要望を把握することも重要です。

SNSやメールを活用して、個々の顧客とのつながりを深め、信頼関係を構築することが求められます。

顧客からの直接的なフィードバックは、サービス改善のための貴重な情報源となります。

一方で、ネガティブな評価への真摯な対応も欠かせません。

口コミやランキングに頼らない、顧客との信頼関係の構築が、業界の健全な発展につながるでしょう。

セラピストのセカンドキャリアの可能性

セラピストのセカンドキャリアの可能性
洋平

女性用風俗業界で培ったスキルや経験を活かし、セラピストのキャリア形成をサポートする専門家としての道が開けるかもしれません。

  • 業界内でのスキルアップや
  • 他業種への転職支援

など、セラピストの長期的な成長を支援する役割を担うことができるでしょう。

キャリアコンサルタントとして活躍するためには、業界知識だけでなく、キャリア理論やカウンセリングスキルなどの専門知識の習得が求められます。

また、セラピストとの信頼関係の構築や、企業とのネットワーク作りも重要な要素と言えます。

セラピストのキャリア形成を支援することで、業界全体の質的向上にも貢献できるはずです。

女性用風俗業界の発展とともに、セラピストのキャリア選択肢も広がっていくことが期待されます。

多様なセカンドキャリアの可能性

女性用風俗業界が社会的に認知されるようになれば、セラピストのセカンドキャリアの選択肢も広がるでしょう。

  • SNS運用代行
  • コンサルタントとしての個人ブランディング支援
  • 技術講師・トレーナーとしての後進育成
  • メンタルヘルスカウンセラーとしてのセラピストのサポート

など、多様な専門職が生まれる可能性があります。

また、店舗コンサルタントとしての経営支援、イベントプランナーとしてのネットワーキング機会の提供、風俗ライター・ジャーナリストとしての情報発信と業界の健全化、法律・労務アドバイザーとしてのセラピストの権利擁護など、業界の発展を支える様々な役割も期待されます。

セラピストのキャリア選択肢の拡大は、業界の社会的地位の向上にもつながるでしょう。

他国の女性用風俗業界の事例

他国の女性用風俗業界の事例
洋平

タイは、男性向けの風俗産業が発達している国として知られていますが、近年は女性向けの風俗サービスも増加しています。

バンコクを中心に、女性客を対象としたマッサージparlorやエスコートサービスが登場しており、その多くは日本人女性旅行者をターゲットにしているようです。

タイの女性用風俗業界は、まだ発展途上の段階ですが、観光業の一部として定着しつつあります。

日本の女性用風俗業界が、タイの事例から学べる点は多いでしょう。

特に、外国人女性客のニーズを的確に捉えたサービス提供は、参考になるはずです。

ただし、タイの風俗業界は法的にグレーゾーンであり、人身取引や搾取の問題も指摘されています。

日本の女性用風俗業界が健全に発展するためには、こうした負の側面にも目を向ける必要があります。

欧米諸国の女性用風俗業界の取り組み

欧米諸国では、女性の性的自由や多様性が比較的尊重されており、女性用風俗業界も一定の社会的認知を得ています。

例えば、アメリカやカナダでは、女性向けのストリップクラブやmale escortサービスが合法的に運営されています。

これらの店舗では、女性客の安全やプライバシーに配慮した環境作りが徹底されており、セクハラや痴漢行為は厳しく禁止されています。

また、欧米の女性用風俗業界では、セラピストの権利保護や労働環境の整備にも力を入れています。

組合の結成や、セラピストの健康管理サポートなど、業界の適正化に向けた取り組みが積極的に行われています。

日本の女性用風俗業界も、欧米の事例に学びながら、女性客とセラピストの双方にとって安心・安全なサービス提供を目指すべきでしょう。

男性用風俗業界との比較

男性用風俗業界との比較
洋平

女性用風俗業界と男性用風俗業界では、提供されるサービス内容や価格設定に大きな違いがあります。

男性用風俗業界では、性的サービスが中心であり、本番行為を伴うことも少なくありません。

一方、女性用風俗業界では、性的サービスよりも、癒やしや安らぎを提供することが主眼となっています。

マッサージやボディタッチが中心で、本番行為は禁止されているケースがほとんどです。

また、価格設定についても、男性用風俗業界の方が低価格であることが一般的です。

女性用風俗業界は、高級志向のサービスが多く、価格帯も高めに設定されています。

こうした違いは、男女の性に対するニーズや価値観の差異を反映していると言えるでしょう。

女性用風俗業界が持続的に発展するためには、女性ならではのニーズを的確に捉えた、独自のサービス提供が求められます。

社会的認知度や適正化の進捗状況の違い

男性用風俗業界と比べると、女性用風俗業界の社会的認知度は まだ低いと言わざるを得ません。

男性用風俗が「当たり前」のように受け入れられている一方で、女性が風俗サービスを利用することには、いまだに偏見や差別が根強く残っています。

また、業界の適正化についても、男性用風俗業界の方が進んでいる印象があります。

法整備や業界団体の設立、自主規制ガイドラインの策定など、男性用風俗業界では業界の健全化に向けた取り組みが積極的に行われてきました。

一方、女性用風俗業界は、まだ発展途上の段階にあり、業界全体で適正化に取り組む体制が十分に整っているとは言えません。

女性用風俗業界が社会的に認知され、適正化を進めるためには、業界関係者が一丸となって、積極的に行動することが求められます。

男性用風俗業界の経験を参考にしつつ、女性ならではの視点や価値観を反映した取り組みを推進することが重要でしょう。

行政の役割と支援策

行政の役割と支援策
洋平

女性用風俗業界の健全な発展のためには、行政による適切な法整備が不可欠です。

現行の法律では、女性用風俗業界の実態に即した規制が十分ではありません。

例えば、女性用風俗店の届け出制度や、営業に関する基準の明確化など、業界の適正化を促進するための法改正が求められます。

また、セラピストの労働環境や権利保護についても、法的な裏付けが必要でしょう。

セラピストを守るための規定や、公正な報酬体系の確立など、セラピストが安心して働ける環境を整備するための法整備が急務です。

一方で、過度な規制は業界の発展を阻害する恐れもあります。

業界の実情を踏まえつつ、バランスの取れた法規制を策定することが重要です。

行政には、業界関係者の意見に耳を傾け、現場の声を反映した法整備を進めることが求められます。

セラピストの権利保護と支援策の拡充

女性用風俗業界で働くセラピストの多くは、社会的に不安定な立場に置かれています。

雇用契約を結ばない個人事業主として働くケースが多く、労災保険や社会保険の適用を受けられないことも少なくありません。

こうした状況を改善するためには、行政によるセラピストの権利保護と支援策の拡充が不可欠です。

具体的には、セラピストを対象とした相談窓口の設置や、専門家による法的支援の提供などが考えられます。

また、スキルアップのための研修プログラムや、キャリア形成を支援する助成金の創設なども有効でしょう。

セラピストが安心して働き、キャリアアップできる環境を整備することは、業界の健全な発展につながります。

行政には、セラピストの声に耳を傾け、実効性のある支援策を講じることが求められます。

業界団体や支援団体とも連携しながら、セラピストの権利保護と地位向上に取り組むことが重要です。

女性用風俗業界の将来展望

女性用風俗業界の将来展望
洋平

女性用風俗業界が持続的に発展するためには、業界の適正化と社会的理解の促進が不可欠です。

法律の遵守、労働環境の整備、セラピストの権利保護など、業界の健全化に向けた取り組みが求められます。

また、一般社会に対して、業界の実態や魅力を正しく伝えていくことも重要です。

偏見や差別を解消し、業界に対する社会的な理解を深めることで、セラピストが誇りを持って働ける環境が整備されるでしょう。

業界の適正化と社会的理解の促進は、業界の発展だけでなく、セラピストの社会的地位の向上にもつながります。

女性用風俗業界が、社会に認められる産業として成長していくことが期待されます。

業界関係者の協力体制の重要性

女性用風俗業界の健全な発展のためには、業界関係者の協力体制が欠かせません。

  • 店舗運営者
  • セラピスト
  • ポータルサイト運営者

など、様々な立場の関係者が連携し、業界の課題解決に取り組むことが求められます。

情報共有や意見交換の場を設け、業界全体の方向性を議論していくことが重要でしょう。

また、業界団体の設立や、自主規制ガイドラインの策定なども検討に値します。

業界関係者が一丸となって、業界の発展と適正化に取り組むことで、女性用風俗業界の未来は明るいものになるはずです。

過去の歴史から学びつつ、新たな時代に適応した業界の在り方を模索していくことが求められています。

まとめ

女性用風俗の未来とは?過去の歴史から読み解く業界の行方
洋平

女性用風俗業界は、今まさに転換点に立たされています。

大手ポータルサイトの参入により、業界の構造が大きく変化することが予想されます。

一方で、過去の歴史を振り返れば、女性用風俗業界の未来は決して暗いものではありません。

禁酒法時代のスピークイージーのように、時代のニーズをつかみ、適切に対応することで、業界は新たな発展を遂げられるはずです。

重要なのは、業界の適正化と社会的理解の促進です。

セラピストの権利を守り、女性客に安心・安全なサービスを提供するための取り組みが求められます。

また、行政との連携や、他国の事例から学ぶことも欠かせません。

女性用風俗業界のステークホルダー全員が協力し合うことで、業界の未来は明るいものになるでしょう。

相談・予約・依頼方法

女性用風俗KaRent(カレント)は、無店舗型性風俗特殊営業届出(第43202010011号)を公安委員会に提出済みの正規女性用風俗店です。

安心してご利用頂けます。

お気軽な質問からどうぞお送りください。

洋平

私の公式LINE・X(Twitter)のDMよりメッセージをお願い致します。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

メッセージでは以下の内容をお知らせ頂くとスムーズです。

  • お名前(ニックネームで構いません)
  • ご希望の日時(複数頂けると助かります)
    • 第1希望:〇月〇日 〇時~
    • 第2希望:〇月〇日 〇時~
  • ご希望のコースと施術時間:ホテルコース 〇分
  • ご利用場所:ご自宅orホテル

詳細な料金システムについては以下のページをご確認ください。

日時や場所が決まった後に、お店にご連絡頂きご予約の確定となります

東京・埼玉発の女性用風俗「KaRent(カレント)」に在籍するセラピストの「洋平」です。

ご予約のほか、ご不安な点や質問がある場合は、いつでもX(旧Twitter)のダイレクトメッセージやLINEでお気軽にお問い合わせください。

出勤日ではない日でも、ご予約を受け付けることが可能な場合がございます。

ご希望の日があれば洋平の公式LINEか、私のX(旧Twitter)DMまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。

フリーアドレスやサブアカウントからのご連絡でも大丈夫です。

ご自身から送りづらい場合は

ブログ見ました

と一言頂ければ私からお迎えに参ります。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次