【殿予約】セラピストが知っておくべき殿予約のメリットとデメリット

女風の殿予約

今回テーマは、女性用風俗における殿予約についてです。

殿予約とは、女性客が男性セラピストを直接予約することを指します。

女性用風俗業界では、この殿予約が非常に重要な役割を果たしているのです。

特に繁忙期になると、人気のあるセラピストの予約を取るのが難しくなります。

お店によっては、特定の日時がすでに満員御礼になっていたりするケースもあるでしょう。

そんな時期だからこそ、殿予約を上手に活用することが鍵になるのです。

こんにちは、女性用風俗店KaRentの洋平です。

175cm 65kg 38歳

2023年11月よりセラピストとして在籍しています。

しんどいとき、寂しい時など「誰かそばにいてくれたら…」と、そんな思いを叶えるためセラピストになりました。

お気軽にご連絡下さい。

在籍:いつでも彼氏KaRent(カレント)

詳しいプロフィール

目次

遊郭の吉原での姫予約

遊郭の吉原での姫予約

実は、「殿予約」という言葉自体、風俗業界で一般的に使われている言葉ではありません。

「姫予約」の男性版のような意味合いで、今回の記事の中で使用したものです。

「姫予約」が吉原の遊女文化に由来するのに対し、「殿予約」という言葉に明確な語源があるわけではないのです。

「姫」に対して「殿」という言葉を当てはめ、男性客が男性セラピストを予約する行為を指して便宜的に用いた造語だと理解していただければと思います。

「殿予約」という言葉は、あくまでこの記事の中で使用した便宜的な用語だということをご理解いただけますと幸いです。

吉原と姫予約の歴史

吉原と姫予約の歴史

吉原は、江戸時代に設けられた日本最大の遊郭であり、その独特の文化や慣習は今日でも多くの人々の関心を集めています。

その中でも特に興味深いのが、「姫予約」と呼ばれる制度です。

姫予約とは、特に人気のある遊女と時間を過ごすために、事前に予約を入れる仕組みのことを指します。

これは主に、吉原の中でも高い地位にあった「太夫」や「おいらん」と呼ばれる遊女に対して行われました。

姫予約の背景にあるもの

姫予約が生まれた背景には、当時の社会構造や経済事情が大きく関係しています。

吉原の太夫やおいらんは、単に美しいだけでなく、教養や芸事に秀でた女性たちでした。

彼女らと一夜を共にするためには、莫大な金額が必要とされました。

そのため、姫予約を行うことができたのは、

  • 裕福な商人
  • 武士
  • 大名
  • 将軍

といった身分の高い人々に限られていました。

姫予約は、経済力と社会的地位の象徴だったのです。

姫予約の仕組み

姫予約の仕組み

では、実際に姫予約はどのように行われていたのでしょうか。

基本的には、遊女の鋪(ぽう)と呼ばれる店に、事前に予約を入れる必要がありました。

予約の際には、

  • 遊女の名前
  • 日時
  • 自分の名前

を伝えます。

当日、約束の時間に吉原の入り口で名乗りを上げると、案内人が付いて目的の店まで導いてくれました。

姫予約をするためには、相当の金額が必要とされました。

当時の貨幣価値で換算すると、一晩で数十万円から数百万円に相当する金額が一般的だったようです。

姫予約が生んだ文化

姫予約が生んだ文化

姫予約の慣習は、吉原の文化に大きな影響を与えました。

姫予約をするためには、単に金銭的な余裕があるだけでなく、遊女たちと気の利いた会話ができるだけの教養も求められました。

そのため、吉原には独自の洗練された文化が花開いたのです。

姫予約の際には、遊女たちと和歌を詠み交わしたり、茶会を楽しんだりすることもありました。

また、姫予約をめぐる男女の駆け引きや心の機微は、浮世絵や文学作品のモチーフともなりました。

例えば、西鶴の「好色一代男」や近松門左衛門の「心中天の網島」など、吉原を舞台にした作品には、姫予約の場面が登場します。

姫予約から見える社会の矛盾

姫予約の慣習は、当時の社会の矛盾も浮き彫りにしています。

姫予約ができるのは、一部の特権階級の男性に限られていました。

対して、遊女たちの多くは貧しい家庭の出身で、自らの意思とは関係なく身売りされるケースも少なくありませんでした。

華やかな表面の下で、過酷な現実に直面していた遊女たちの存在は、見過ごすことができません。

姫予約の歴史は、権力と性、経済と人権といった普遍的な問題を考える上でも、重要な示唆を与えてくれます。

現代に通じる姫予約の概念

現代に通じる姫予約の概念

明治時代以降、吉原を含む遊郭は次第に衰退し、1958年の売春防止法施行により、正式に廃止されました。

しかし、姫予約のような「特別な女性を予約する」という概念は、現代の風俗業界にも受け継がれています。

高級デリヘルやソープランドでは、指名料という形で特定の女性を予約するシステムがあります。

また、最近では「X(Twitter)指名」や「公式LINE指名」といった言葉も聞かれるようになりました。

これらは、姫予約の現代版と言えるかもしれません。

吉原の姫予約の歴史は、欲望と金銭、性と権力が交錯する人間社会の複雑さを物語っています。

その負の部分も直視しつつ、現代に通じる教訓を学んでいく必要があるのではないでしょうか。

殿予約は風俗業界の用語

殿予約という言葉は、一般的にはあまり知られていない風俗業界特有の用語です。

風俗に詳しくない人はもちろん、業界に入ったばかりの新人セラピストでも、この言葉の意味を知らないことがあるでしょう。

通常、女性客がお店に電話して予約を取る際は、お店のスタッフが対応します。

その際、今すぐ利用できるセラピストがいるかどうかを確認したり、希望の日時に予約を入れたりするのがスタッフの仕事です。

しかし、殿予約の場合は、女性客が直接セラピストと連絡を取り合って予約を確定させるのです。

吉原という由緒ある街で生まれた言葉が、今では女性用風俗業界全体で広く使われるようになったのは興味深いですね。

殿予約のメリットとデメリット

殿予約のメリットとデメリット

殿予約には、女性客とセラピストの両者にとって、メリットとデメリットがあります。

まずはメリットについて詳しく見ていきましょう。

売上の確定

殿予約の最大のメリットは、セラピストにとって売上が確定することです。

自分で直接予約を取ることで、その日の収入がある程度見込めるようになるのです。

女性客との信頼関係が深まっていれば、リピーターになってもらえる可能性も高まります。

「今日は〇〇さんの予約が入っているから、がんばろう」と、モチベーションを上げることもできるでしょう。

スケジュール管理の自由度

スケジュール管理の自由度

セラピストが自分で予約を管理できるということは、スケジュールの自由度が上がるということでもあります。

お店を通さず直接女性客とやり取りできるので、予約の調整がしやすくなるのです。

「この女性客とはゆっくり時間を取りたいから、最後の枠に入れよう」といった融通も利きます。

セラピストのメンタルヘルスを維持する上でも、自分である程度スケジュールをコントロールできるのは大きな利点と言えるでしょう。

女性用風俗の場合、セラピストの出勤時間はシフトで管理されていることが一般的です。

しかし、殿予約を活用すれば、「今日は〇〇さんの予約が1本だけだから、ちょっとだけ出勤します」といった臨機応変な対応も可能になります。

人気アピールの効果

殿予約の状況を女性客に伝えることで、セラピストの人気をアピールすることもできます。

  • 「今日は予約でいっぱいです」
  • 「来週の予約枠はわずかしか残っていませんよ」

といった情報を発信すれば、女性客は「このセラピストは人気があるから、早めに予約を取らないと」と思うはずです。

口コミなどで人気セラピストだと知られていれば、新規の女性客からの予約も増えるかもしれません。

殿予約の仕組みを上手に活用することで、セラピストの価値を高めていくことができるのです。

一方で、殿予約にはデメリットもあります。

セラピスト自身が認識しておくべきポイントを、以下で確認しておきましょう。

手間とリスクの増加

本来はお店のスタッフがやるべき予約管理を、セラピストが自分でやらなければならないのは確かに面倒な部分があります。

普段の業務はあくまで女性客との施術やコミュニケーションのはずですが、それ以外の時間を削ってスケジュール調整をしなければならないのです。

また、人間である以上、ミスをしてしまう可能性もゼロではありません。

お店を介していれば起こり得ないようなトラブルに巻き込まれてしまうリスクは、殿予約ならではのデメリットだと言えます。

キャンセルのリスク

キャンセルのリスク

殿予約の場合、ドタキャンなどのトラブルが起きた際の責任は、基本的にセラピスト個人に降りかかってきます。

特にソープなどの店舗型では、セラピストが個室を確保しているわけではないので、お店にも多大な迷惑をかけてしまうことになるのです。

万が一、週末の繁忙期に直前のキャンセルが発生してしまったら…。

セラピストはお店に対して深くお詫びしなければなりませんし、場合によっては信用を失ってしまうかもしれません。

殿予約を取る際は、こうしたリスクについても十分理解しておく必要があります。

トラブルを避けるためにも、女性客とのコミュニケーションは丁寧に行うことが大切です。

心理的な負担

中にはセラピストとの直接のやり取りを目的とした女性客もいるかもしれません。

「返事をくれないなら予約をキャンセルする」などと言って、セラピストを心理的に脅すようなケースもあり得ます。

セラピストとしては、女性客の要望には可能な限り応えたいと思うものですが、一方で自分の心の健康も大切にしなければなりません。

境界線を引くことに罪悪感を覚える必要はないのです。

殿予約を上手に取るコツ

殿予約を上手に取るコツ

殿予約には一定のデメリットもありますが、それでもセラピストとして利用したいと考える人は多いはずです。

ここからは、殿予約を上手に取るためのコツをお伝えしましょう。

女性客にメリットを提示する

女性客に「どうして殿予約を取った方がいいのか」を明確に伝えることが大切です。

お店に直接予約を入れると、2日前や1週間前からしか受け付けてもらえませんが、殿予約なら1ヶ月前から予約ができますよ」といったメリットをアピールするのです。

また、「本当はお休みの日なのですが、〇〇さんのためなら特別に予約を受けられます」といった特別感を与えるのも効果的でしょう。

セラピスト側の予定を調整して、女性客の都合を最大限尊重する姿勢を見せることが大切なのです。

しかし、殿予約を取ることだけが目的化してしまうと、女性客に引かれてしまうこともあります。

あくまで自然な流れで、女性客にとってのメリットを提示していくことが重要だと言えます。

人気セラピストになるための努力

人気セラピストになるための努力

殿予約が埋まるほどの人気セラピストになるには、日頃の努力が欠かせません。

施術の腕を磨くことはもちろん、女性客とのコミュニケーション能力を高めることも重要です。

「この人となら、また会いたい」と思ってもらえるような接客を心がければ、自然と殿予約も増えていくはずです。

お店の予約システムを利用するのが面倒だと感じてもらえるくらい、セラピストとしての魅力を高めていきたいものですね。

トラブルを避けるために

殿予約を取る際は、トラブルを避けるための工夫も必要です。具体的には、以下のような対策が考えられます。

  • 前日や当日の確認連絡を欠かさない
  • 新規の女性客の場合は、お店にも確認の電話をしてもらう
  • メッセージのやり取りでは、誠実な対応を心がける

こうした対応を積み重ねることで、女性客との信頼関係を築いていくことができるはずです。

また、メンタルを乱すような女性客とは、上手に距離を取ることも大切です。

「これ以上連絡をいただけない場合は、予約をキャンセルさせていただきます」といった毅然とした対応も、時には必要になるでしょう。

女性客から見た殿予約のメリットとデメリット

女性客から見た殿予約のメリットとデメリット

殿予約は、セラピストにとってのメリットやデメリットだけでなく、女性客にとってもプラスとマイナスの両面があります。

ここでは、女性客の視点から見た殿予約のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

女性客にとっての殿予約のメリット

女性客にとっての殿予約のメリット

1. 予約が取りやすい

殿予約の最大のメリットは、予約が取りやすいことです。

人気のセラピストほど予約が埋まりやすいため、お店に電話しても予約が取れないことがよくあります。

しかし、殿予約であれば、直接セラピストとスケジュール調整ができるので、予約が取りやすくなるのです。

特に、仕事で忙しい女性にとっては、自分の都合に合わせて予約を入れられるのは大きなメリットと言えるでしょう。

2. セラピストとの関係性が深まる

殿予約を利用することで、セラピストとの関係性がより深まることも期待できます。

直接やり取りをすることで、お店を介さない親密なコミュニケーションが生まれるからです。

セラピストとの信頼関係が深まれば、より質の高いサービスを受けられる可能性も高くなります。

セラピストも、リピーターの女性客のことは特に大切にするはずですから。

3. 特別感がある

「このセラピストは、私のために予定を調整してくれている」という特別感は、殿予約ならではのメリットです。

お店の予約システムでは得られない、VIP感覚を味わえるでしょう。

女性客としては、そういった特別扱いをしてもらえることで、セラピストに対する愛着も深まっていくはずです。

女性客にとっての殿予約のデメリット

女性客にとっての殿予約のデメリット

1. 予約のルールが不明確

殿予約は、お店の公式システムではないため、予約のルールが不明確なことがあります。

キャンセル料が発生するのかどうかや、予約変更の締め切り時間など、お店ごとに異なるルールがあるかもしれません。

女性客としては、そういった不明確さにストレスを感じることもあるでしょう。

トラブルを避けるためにも、事前にセラピストとルールを確認しておく必要があります。

2. 予約の優先順位が低い

殿予約は、あくまでセラピストの裁量で行われるものです。

そのため、お店の公式予約が優先されることもあります。

「殿予約をしていたのに、急に予約がキャンセルされた」なんていう経験をしたら、がっかりしてしまいますよね。

セラピストとの信頼関係が築けていないと、そういったリスクも高くなります。

3. トラブル時の解決が難しい

万が一、殿予約でトラブルが発生した場合、お店に相談しづらいというデメリットもあります。

「なんで直接予約したの?」と言われてしまうかもしれません。

女性客としては、トラブルが起きたときに頼れる存在がいないと、不安になってしまうでしょう。

セラピストとの信頼関係が非常に大切だと言えます。

殿予約がおすすめな女性客、おすすめでない女性客

殿予約がおすすめな女性客、おすすめでない女性客

殿予約は、女性客にとってもメリットとデメリットがあることがわかりました。

では、どのような女性客に殿予約がおすすめで、逆におすすめでないのでしょうか。

殿予約がおすすめな女性客

  • 仕事が忙しく、自分の都合に合わせて予約を入れたい方
  • セラピストとの信頼関係を大切にしたい方
  • VIP感覚を味わいたい方
  • 人気セラピストの予約を取りたい方

殿予約がおすすめでない女性客

  • 予約のルールが明確でないことにストレスを感じる方
  • トラブルが起きたときに、お店に相談したい方
  • セラピストとの信頼関係がまだ築けていない方
  • 予約の確実性を重視する方

殿予約は、女性客にとってもメリットとデメリットがあるシステムです。

自分に合っているかどうかをよく考えて、賢く利用していくことが大切ですね。

セラピストの方も、女性客の立場に立って、殿予約の良い点と悪い点をしっかり説明できるようにしておきましょう。

女性客に安心して殿予約を利用してもらうためにも、コミュニケーションを大切にする姿勢が求められます。

殿予約は、女性用風俗業界ならではのシステムですが、うまく活用することで、女性客とセラピストの両者にとってメリットをもたらすことができるのです。

信頼関係を築きながら、Win-Winの関係を目指していきましょう。

自分らしく働くために

自分らしく働くために

殿予約は、女性用風俗で働くセラピストにとって、重要な武器の1つです。

上手に活用すれば、売上アップやスケジュール管理の効率化につながります。

一方で、トラブルのリスクもあることを忘れてはいけません。

大切なのは、女性客の反応に一喜一憂するのではなく、自分の心の声に正直に向き合うことです。

セラピストとして、自分らしく働き続けるために、殿予約の仕組みをどう活用していくか。

それぞれの状況に合わせて、柔軟に考えていく必要があるでしょう。

殿予約を取るかどうかは、セラピスト個人の判断に委ねられます。

ただし、女性客とのコミュニケーションを疎かにしてはいけません。「また会いたい」と思ってもらえるような接客を心がけることが、何より大切なのです。

セラピストの仕事は、女性客の心と体を癒すことです。

その本質を見失わないことが、セラピストとしての成長につながるはずです。

殿予約は、あくまでそのための手段の1つに過ぎません。

>>女性用風俗 | 初心者向け記事一覧

相談・予約・依頼方法

女性用風俗KaRent(カレント)は、無店舗型性風俗特殊営業届出(第43202010011号)を公安委員会に提出済みの正規女性用風俗店です。

安心してご利用頂けます。

お気軽な質問からどうぞお送りください。

洋平

私の公式LINE・X(Twitter)のDMよりメッセージをお願い致します。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

メッセージでは以下の内容をお知らせ頂くとスムーズです。

  • お名前(ニックネームで構いません)
  • ご希望の日時(複数頂けると助かります)
    • 第1希望:〇月〇日 〇時~
    • 第2希望:〇月〇日 〇時~
  • ご希望のコースと施術時間:ホテルコース 〇分
  • ご利用場所:ご自宅orホテル

詳細な料金システムについては以下のページをご確認ください。

日時や場所が決まった後に、お店にご連絡頂きご予約の確定となります

東京・埼玉発の女性用風俗「KaRent(カレント)」に在籍するセラピストの「洋平」です。

ご予約のほか、ご不安な点や質問がある場合は、いつでもX(旧Twitter)のダイレクトメッセージやLINEでお気軽にお問い合わせください。

出勤日ではない日でも、ご予約を受け付けることが可能な場合がございます。

ご希望の日があれば洋平の公式LINEか、私のX(旧Twitter)DMまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。

フリーアドレスやサブアカウントからのご連絡でも大丈夫です。

ご自身から送りづらい場合は

ブログ見ました

と一言頂ければ私からお迎えに参ります。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次