【インタビュー】32歳の独身女性が語る、女性用風俗への率直な意見と利用への憧れ

32歳OL女性用風俗

今回、アンケートモニター企業に依頼し、32歳の独身女性であるまゆさんに、女性用風俗についてインタビューを行いました。

まゆさんは、恋愛経験もあり、性に対しても開放的な考えを持っている一方で、女性用風俗の利用経験はありません。

今回は、女性用風俗に対する率直な意見や、利用に対する憧れと抵抗感など、包み隠さずお話いただきました。

こんにちは、女性用風俗店KaRentの洋平です。

175cm 65kg 38歳

2023年11月よりセラピストとして在籍しています。

しんどいとき、寂しい時など「誰かそばにいてくれたら…」と、そんな思いを叶えるためセラピストになりました。

お気軽にご連絡下さい。

在籍:いつでも彼氏KaRent(カレント)

詳しいプロフィール

目次

【インタビュー】32歳の独身女性が語る、女性用風俗への率直な意見と利用への憧れ

【インタビュー】32歳の独身女性が語る、女性用風俗への率直な意見と利用への憧れ
洋平

こんにちは、まゆさん。今日は女性用風俗についてお話を伺えればと思います。よろしくお願いします。

まゆ

こちらこそよろしくお願いします。

女性用風俗って、まだまだ世間的には馴染みが薄いと思うので、私自身もどんなものなのか気になっていたんです。

今日は色々と聞けると嬉しいです。

洋平

まずは、簡単に自己紹介をお願いできますか?

まゆ

はい、私は32歳で、コールセンターで働いています。

毎日、お客様からのクレームや問い合わせに対応する仕事なので、結構ストレスが溜まるんですよね。

でも、人と話すのは好きなので、この仕事を続けています。

洋平

現在、恋愛はしてますか?

まゆ

今は彼氏はいないんです。もう3年以上恋人がいなくて、正直寂しい気持ちもあります。

でも、30代になって、そろそろ結婚も考えないといけないなと思って、最近は婚活に力を入れているところです。

良い出会いがあれば嬉しいですね。

洋平

初めての性体験はいつ頃でしたか?

まゆ

高校2年生の時に付き合っていた彼氏と初体験しました。

あの時は、恋愛感情が強くて、彼のことを深く愛していたから、自然な流れで体を重ねたという感じです。

でも、やっぱり初めてだったから、緊張もしましたし、ちょっと痛みもありましたね。

洋平

性に対する関心はいつ頃から芽生えましたか?

まゆ

中学2年生くらいの時に、アニメにハマり始めたのがきっかけですね。

特に「テニスの王子様」の二次創作で、BL(ボーイズラブ)の世界に魅了されました。

男の子同士の恋愛に、ドキドキしたり、ときめいたりして。

それまでは恋愛にあまり興味がなかったんですが、BLを通して、恋愛感情や性的な興奮を覚えるようになりました。

洋平

自慰行為の頻度と方法を教えてください。

まゆ

30歳を超えてからは、自慰行為が増えてきましたね。

やっぱり、性欲を持て余すことが多くなってきて。

AVを見ながらオモチャを使うのが主な方法です。オモチャを使うと、気持ち良くなれるし、ストレス発散にもなるんです。

でも、寂しさは埋められないですけどね。

洋平

AVは好きですか?

まゆ

AVはアートとして見るのが好きなんです。

単なるエロ動画というよりは、男女の絡みや表情、音やストーリーなど、全体的な雰囲気を楽しむことが多いですね。

AVを通して、自分の性的嗜好や興味のある表現方法を発見することもあります。

洋平

性的な不満や欲求不満はありますか?

まゆ

正直、性的な不満はありますね。

でも、AVを見て自分で解消するようにしています。オモチャを使えば、一人でも最後までいけるので、何とかなってはいるんです。

でも、やっぱり本物の肌の触れ合いとか、温もりが恋しくなることもあります。

洋平

性的な問題やセックスレスの経験は?

まゆ

幸い、今のところ性的な問題やセックスレスの経験はないです。

ただ、もし将来パートナーができて、そういった問題が起きたら、どう対処したらいいのか不安になることもありますね。

コミュニケーションを大切にしたいとは思います。

洋平

これまでの性交渉の経験は?

まゆ

これまでに、10人くらいの男性と性交渉の経験があります。

付き合っていた彼氏とか、合コンで知り合った人とか。でも、最近はご無沙汰です。

やっぱり、愛情があってこその性交渉だと思うので、むやみやたらに体の関係を持つことはないですね。

洋平

理想的な性交渉の頻度は?

まゆ

私は、月に数回あれば十分だと思っています。

毎日とか、頻繁にするのは体力的にも精神的にもキツイですからね。

でも、全くないのも寂しいので、適度な頻度で、お互いが満足できるようなセックスができたら理想ですね。

洋平

性的嗜好やフェティシズムはありますか?

まゆ

ユニフォーム、特に警察官のコスプレが好きなんです。

制服を着た男性に、ドキドキしちゃいます。あと、拘束されるのも興奮します。

自由を奪われて、相手の思うがままになるシチュエーションに弱いんですよね。

でも、あくまでもプレイの範囲内で、安全性は大切にしたいと思います。

洋平

嫌な性的経験はありましたか?

まゆ

初めての時は、痛くてトラウマになりましたね。

相手の男性に、下手くそだと言われてショックを受けました。

だから、2回目までは間隔が空いちゃった。

今思えば、お互い未熟だったんだと思います。

でも、あの時の恐怖心は忘れられません。

洋平

女性用風俗について聞いたことはありますか?

まゆ

SNSやYouTubeで見たことがあります。

最初は、女性向けの風俗があること自体に驚きましたね。

でも、男性だけでなく、女性にも性的なニーズがあるのは当然のことだから、需要はあるんだろうなって思います。

まだまだマイノリティかもしれないけど、選択肢の一つとしてアリだと思います。

洋平

女性用風俗にどんなイメージを持っていますか?

まゆ

そうですね、まだ具体的なイメージは湧かないですが、あってもおかしくはないというくらいの感覚はありますね。

女性も性的な欲求を持っているし、それを満たすための場所があるのは自然なことだと思います。

ただ、まだ社会的な認知度は低いから、利用するにはハードルがあるかもしれません。

洋平

女性用風俗の存在を知った時の感想は?

まゆ

女性は性的サービスを受ける側としては抵抗が少ないと思うんです。

でも、男性の場合は勃起の問題があるから、セラピストとしては大変そうだなって思いました。

男性の性的興奮をコントロールするのは難しそうですからね。

女性の性的快感を引き出すのも、かなりの技術が必要だと思います。

洋平

女性用風俗を利用したことは?

まゆ

いいえ、まだ利用したことはないです。興味はあるんですけどね。

でも、一歩踏み出す勇気がまだないというか。やっぱり、風俗というと、ちょっとネガティブなイメージがあるから、抵抗感もあるんです。

でも、いつかは経験してみたいとは思っています。

洋平

女性が風俗を利用することについてどう思いますか?

まゆ

女性が風俗を利用することについては、全然アリだと思います。

性的欲求を満たしたい、ストレス発散したい、自分の性を探求したいなど、理由は人それぞれだと思うんです。

誰かを傷つけたりしない限り、自分の欲求に正直になることは悪いことじゃないと思います。

むしろ、女性の性を肯定的に捉える社会になってほしいですね。

洋平

女性用風俗を利用する女性についてのイメージは?

まゆ

私は全然気にならないですし、偏見もないですね。

性的欲求を満たしたいという気持ちは、誰にでもあることだと思います。

ただ、既婚者が利用するのは、ちょっと複雑な気持ちになりますね。

パートナーとの関係性によるとは思いますが、何か裏切られた気分になるのかなって。

でも、それも個人の自由だとは思います。

洋平

自分が女性用風俗を利用することを考えたことはありますか?

まゆ

正直、興味はあります。でも、性的なサービスよりは、マッサージを受けてみたいですね。

日頃の疲れを癒やしてもらいたいし、心身ともにリラックスできたら嬉しいです。セラピストの方との会話も楽しみたいですね。

ただ、やっぱり抵抗感もあるので、簡単には利用できないかな。

洋平

どんな状況なら利用を考えますか?

まゆ

そうですね、好奇心が限界に達した時とか、マッサージが上手だと評判の人がいたら、ちょっと行ってみたいかも。

あと、ルックスがタイプの人がいたら、惹かれちゃうかもしれません。でも、口コミは信じないようにしています。

良い口コミばかりだと、逆に怪しく感じちゃうんですよね。

だから、ネガティブな意見もちゃんとチェックして、総合的に判断したいと思います。

洋平

利用に対する抵抗感はありますか?

まゆ

やっぱり、お金の面ですね。

女性用風俗って、結構高いイメージがあるんです。

1回の利用で、何万円もかかるなら、ちょっと躊躇しちゃいます。

その金額があるなら、他のことに使った方がいいかなって。

でも、価値のあるサービスなら、お金を払う価値はあると思います。

洋平

どんなセラピストを希望しますか?

まゆ

時間外でもちょっと構ってくれるような人がいいですね。

話が合って、一緒にいて心地よい人だと嬉しいです。

セラピストとは言っても、人間関係が築けたら、もっと通いたくなるし、満足度も上がると思うんです。

洋平

料金が高いと感じる理由は?

まゆ

だって、そのお金があるなら、美容院に行ったり、エステに通ったり、もっと自分磨きに使えるじゃないですか。

あとは、推しのアイドルのグッズを買ったりするのにも使いたいですね。

風俗に使うよりは、そっちの方が価値があると感じちゃいます。

洋平

指名料を払うことについてはどう思いますか?

まゆ

うーん、お店のセラピストの技術が一定の水準なら、フリーでもいいかなって思います。

でも、どうしても苦手なタイプの人がいたら、指名料を払ってでも避けたいですね。

逆に、すごく良かったら、次回からは指名しようかなって。

プラスアルファの満足感があれば、指名料を払う価値はあると思います。

洋平

お金を払う以上、何を求めますか?

まゆ

そうですね、お金を払うからには、安心感を買いたいんです。

セラピストとの関係性も含めて、サービスは保証してほしいですね。

私だったら、お客様に「会えて良かった」って思ってもらえるように、一生懸命尽くすと思います。

単にお金のためじゃなくて、お客様と一緒に楽しむ気持ちが大切だと思うんです。

まとめ

女風体験談

今回のインタビューを通して、まゆさんが女性用風俗に対して興味を持ちつつも、まだ利用には踏み切れない心情が明らかになりました。

女性の性的欲求を肯定的に捉える社会の必要性を感じる一方で、金銭面や世間体への抵抗感もあるようです。

理想のセラピストとの出会いがあれば、利用を前向きに検討したいという思いも伺えました。

女性用風俗という選択肢が、より身近になるためには、まだ時間がかかりそうですが、まゆさんのような潜在的な利用者の声に耳を傾けることが大切だと感じました。

相談・予約・依頼方法

女性用風俗KaRent(カレント)は、無店舗型性風俗特殊営業届出(第43202010011号)を公安委員会に提出済みの正規女性用風俗店です。

安心してご利用頂けます。

お気軽な質問からどうぞお送りください。

洋平

私の公式LINE・X(Twitter)のDMよりメッセージをお願い致します。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

メッセージでは以下の内容をお知らせ頂くとスムーズです。

  • お名前(ニックネームで構いません)
  • ご希望の日時(複数頂けると助かります)
    • 第1希望:〇月〇日 〇時~
    • 第2希望:〇月〇日 〇時~
  • ご希望のコースと施術時間:ホテルコース 〇分
  • ご利用場所:ご自宅orホテル

詳細な料金システムについては以下のページをご確認ください。

日時や場所が決まった後に、お店にご連絡頂きご予約の確定となります

東京・埼玉発の女性用風俗「KaRent(カレント)」に在籍するセラピストの「洋平」です。

ご予約のほか、ご不安な点や質問がある場合は、いつでもX(旧Twitter)のダイレクトメッセージやLINEでお気軽にお問い合わせください。

出勤日ではない日でも、ご予約を受け付けることが可能な場合がございます。

ご希望の日があれば洋平の公式LINEか、私のX(旧Twitter)DMまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。

フリーアドレスやサブアカウントからのご連絡でも大丈夫です。

ご自身から送りづらい場合は

ブログ見ました

と一言頂ければ私からお迎えに参ります。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次