レンタルフレンド・レンタル彼氏・女性用風俗のサービスと料金の比較

女性用風俗、レンタル彼氏、レンタルフレンド比較
洋平

女性向けの特別なサービスとして、近年日本で注目を集めているのが「女性用風俗」、「レンタル彼氏」、そして「レンタルフレンド」です。

これらは、女性の精神的、感情的、または社会的なニーズに応えるために設計されていますが、それぞれのサービスには独自の特徴と利用シーンがあります。

一見似ているこれらのサービスですが、実際には目的や提供される体験が大きく異なります。

本記事では、これら三つのサービスを詳細に比較し、それぞれのサービス内容、料金体系、対象顧客、利用シーン、などの観点から解説します。

これにより、女性の皆さんが自分に最適なサービスを選ぶ際の参考になれば幸いです。

目次

各種サービスの比較表

スクロールできます
女性用風俗レンタル彼氏レンタルフレンド
手をつなぐ
ハグ
キスデートコース
ホテルコース
性的サービスデートコース
ホテルコース
密室
カラオケ・飲食店を除く
デートコース
ホテルコース
海・岩盤浴
自家用車(※1)
タクシー
自家用車
タクシー
宿泊デートコース
ホテルコース
風営法の届け出必要※2不要
登録者の年齢層20歳~50歳20歳~35歳18歳~35歳
対応エリア全国全国都市部中心
1時間あたりの費用6,000円デートコース
10,000円ホテルコース
2,000円~5,000円500円~2,000円
女性用風俗・レンタル彼氏・レンタルフレンド比較表

(※1)お店の利用規約にて、自家用車でのドライブを禁止しているお店もあります。

(※2)「無店舗型性風俗特殊営業(第1号営業)」というのは、店舗を持たずに性的なサービスを提供する業種を指します。

このカテゴリーには、デリバリーヘルス(デリヘル)などが含まれ、女性用風俗もこれに該当します。

この業種は、異性のお客様に性的なサービスを提供するための特別な手続きを必要とします。

一方で、レンタル彼氏のサービスは、性的なサービスを提供しない限り、この「無店舗型性風俗特殊営業」の届け出をする必要はありません。

しかし、性的サービスにはキスも含まれます。

キスありのレンタル彼氏店では、この手続きを行う必要があります。

各サービスのメリット・デメリット

洋平

比較表を基に、女性用風俗、レンタル彼氏、レンタルフレンドのそれぞれのメリットとデメリットを解説します。

女性用風俗がおすすめの人とそうでない人

【メリット】

  • 物理的接触:デートコースでは手繋ぎ、ハグが可能で、ホテルコースではより深い性的サービスが提供されます。
  • 密室での利用:ホテルコースでは自宅やホテルでのサービスが可能です。
  • 風営法届け出による安心感:性的サービスを提供するため、特別な手続きをしています。

【デメリット】

  • コスト:比較的高額な料金設定がされています(デートコースで1時間あたり6,000円、ホテルコースで10,000円)。
  • 風営法未届け店に注意:SNS等で「女性向けマッサージ」など届け出をせずに営業しているお店もあります。

女性用風俗は、日常からの脱出と特別な体験を求める女性に最適です。

物理的な距離を縮めたい、または特定の性的ニーズを満たしたい女性には理想的です。

さらに、様々なロケーションでの利用が可能なため、非日常的な体験を求める方にも魅力的です。

しかし、高額な料金が設定されているため、頻回な利用には注意が必要です。

レンタル彼氏が適している人とそうでない人

【メリット】

  • 感情的な接触:手をつなぐ、ハグ、キスなどの接触が可能です。
  • コスト:比較的低価格(1時間あたり2,000円~5,000円)。

【デメリット】

  • 性的サービスの限定:性的サービスは限定的で、提供する場合は風営法の届出が必要になります。
  • 密室での利用の制限:プライベートな空間でのサービスは提供されません。

レンタル彼氏は、恋人とのような感情的な接触を体験したい女性にぴったりです。

手をつなぐ、ハグ、キスなどの接触は、恋愛感情を味わいたい方や寂しさを感じている方に適しています。

また、女風より低価格なので手が届きやすいです。

しかし、性的サービスの提供は限定的であり、これを求める場合は風営法の届出が必要です。

このため、より身体的な接触を求める方には不向きです。

また、プライベートな空間でのサービス提供がないため、より親密な関係を望む方にも向いていません。

レンタルフレンドが向いている人と向いていない人

【メリット】

  • 低コスト:最も低価格(1時間あたり500円~2,000円)。
  • 非性的な関係:性的サービスを提供しないため、風営法の届出が不要です。
  • 人数集めとして:メン地下の動員特典・招待枠の確保としての利用も可能です。

【デメリット】

  • 物理的接触の制限:手をつなぐ、ハグなどの物理的接触は一般的に提供されません。
  • 密室での利用の制限:プライベートな空間でのサービスは提供されません。

レンタルフレンドは、気軽に友達との時間を楽しみたい女性に最適です。

特に低コストでサービスを利用できるため、予算が限られている方には嬉しい選択肢です。

性的なサービスを提供しないので、風営法の届出が不要です。

しかし、物理的接触がほとんど提供されないため、手をつなぐやハグなどの接触を求める方には不向きです。

また、プライベートな空間での利用が制限されているため、より親密な関係を望む方や、密室での交流を求める方にもおすすめできません。

経験者が考えるレンタルフレンドの危なさと虚無感

洋平

私は女風セラピストをはじめる前に、1年ほどレンタルフレンドとして働いた経験があります。

レンタルフレンド業界は、お客様とフレンド(働く人のことをフレンドと呼びます)間での情報交換が盛んな文化があり、様々な情報が入って来ます。

依頼内容もオープンな掲示板でやり取りされているため、誰が何を依頼しているのかもわかります。

女性用風俗のような被り問題がなく、むしろ一緒に出掛けた時のツーショット写メをアップする事が普通です。

これにより、「この人は安全なフレンドだ」という営業ツールになっており、特段マナー違反でもありませんでした。

それでは実体験をもとに、レンタルフレンドのメリットや危なさについて少々ご紹介致します。

メンズ地下アイドルの動員特典「頭数」としての利用と招待

レンタルフレンドは、その利用料金の安さから、特定の目的のために「頭数」として利用されることが多いです。

これは、

  • イベント
  • パーティー
  • お笑いライブのサクラ
  • グループ活動

などで、必要な人数を集めるためにレンタルフレンドが呼ばれる状況を指します。

たとえば、イベントで「観客が多い」という外見を作りたい場合、十分な人数を集めることが難しいときにレンタルフレンドが便利な選択肢となります。

しかしこのような利用では、レンタルフレンドは個人的な関係性や深い交流を求められるわけではなく、単に「いるだけ」で十分とされます。

同じく「頭数」としての利用が目立つのが、メン地下の招待システムです。

このシステムでは、メンズ地下アイドルのイベントやライブにフレンドを誘い、チケットを購入させることで、特典やファンサービスが提供されます。

たとえば、ライブに

  • 5人の友達を招待すれば20秒の動画撮影ができる
  • 10人招待すれば推しと半日デートできる

などです。

アリバイ工作のためのレンタルフレンド

レンタルフレンドサービスは、時にアリバイ工作のために利用されることがあります。

これは、依頼者は実際には異性とのデートをしている、つまり浮気や不倫を行っている人たちが、その事実を隠すためにアリバイを作る目的で行われます。

このような依頼は、男性だけでなく女性からも多く寄せられています。

具体的には、依頼者とレンタルされた人が短時間カフェで会い、二人で写真を撮影します。

その後、この写真をパートナーに送り、アリバイを確立します。

また、電話で友人を装うといった対応も求められることがあります。

この種の依頼は、公序良俗に反すると感じられることが多いのですが、それにも関わらず頻繁に行われています。

マッチングアプリ用の他撮り写真撮影の依頼

レンタルフレンドは、マッチングアプリ用の写真撮影のためにも利用されることがあります。

依頼者は、自撮りではなく、他人に撮ってもらった写真をマッチングアプリのプロフィール用に使用したいと考えています。

知り合いに頼むのが難しい場合、レンタルフレンドがこのニーズを満たす手段として選ばれます。

男性依頼者によるセクハラ

「カフェで雑談をしたい」という依頼で行ったものの、ボディタッチをされたという報告も上がってきます。

男性利用者によるセクハラという深刻な問題が潜んでいます。

肌の触れ合いは禁止されているにも関わらず、セクハラの被害に遭うことが多く、力では敵わない、未払いのリスクがあるため泣き寝入りになるケースが少なくありません。

また、サービス以外での出会いを求められることもあります。

まとめ

期待以上のものを提供するのは、サービス提供者としての使命ですが、あくまでお店のルール内でできる内容に限ります。

しんどい経験をされる方が少しでも減ることを願うばかりです。

この記事では、女性用風俗、レンタル彼氏、レンタルフレンドという現代サービスに焦点を当て、それぞれのメリットとデメリットを深く掘り下げました。

女性用風俗は物理的接触と非日常的な体験を提供する一方で、高コストと風営法に関連するリスクが存在します。

レンタル彼氏は感情的な接触を低コストで楽しめますが、性的サービスの提供は限定的であり、プライベートな空間での利用にも制限があります。

レンタルフレンドは低コストで友達との時間を楽しむことができるものの、物理的接触の制限や密室での利用制約があり、セクハラ問題や特殊な依頼も存在します。

これらのサービスは現代社会の人間関係の多様性を反映しているものの、利用する際には各サービスの特性を理解し、潜在的なリスクに注意する必要があることを示しています。

東京・埼玉発の女性用風俗「KaRent(カレント)」に在籍するセラピストの「洋平」です。

ご予約のほか、ご不安な点や質問がある場合は、いつでもX(旧Twitter)のダイレクトメッセージやLINEでお気軽にお問い合わせください。

出勤日ではない日でも、ご予約を受け付けることが可能な場合がございます。

ご希望の日があれば洋平の公式LINEか、私のX(旧Twitter)DMまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。

フリーアドレスやサブアカウントからのご連絡でも大丈夫です。

ご自身から送りづらい場合は

ブログ見ました

と一言頂ければ私からお迎えに参ります。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次