恋愛の常識は嘘だらけ?科学的に正しい恋愛のあり方とは

恋愛の常識は嘘だらけ?科学的に正しい恋愛のあり方とは

恋愛には様々な常識や俗説があります。

  • 正反対の者同士惹かれ合う
  • 子供ができると夫婦の絆が深まる

など、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、これらの常識は科学的に正しいのでしょうか?

本記事では、科学的に検証された恋愛の俗説について解説します。

恋愛の常識を見直すことで、あなたの恋愛観が変わるかもしれません。

こんにちは、女性用風俗店KaRentの洋平です。

175cm 65kg 38歳

2023年11月よりセラピストとして在籍しています。

しんどいとき、寂しい時など「誰かそばにいてくれたら…」と、そんな思いを叶えるためセラピストになりました。

お気軽にご連絡下さい。

在籍:いつでも彼氏KaRent(カレント)

詳しいプロフィール

目次

性格の違いと恋愛の関係性

恋愛において、性格が正反対のほうが惹かれ合うという俗説がありますが、実際は嫌いなものが一致するのが最も良いようです。

好きなものから徐々に嫌いなものをチェックしていくのがおすすめの方法と言えるでしょう。ただし、ワンナイトラブを楽しみたい場合は、自分と真逆な人を選ぶのも一つの手段かもしれません。

性格の類似性が高いほど、長期的な関係を築きやすいと考えられています。一方で、全くの正反対だと、お互いの価値観や生活スタイルの違いから、衝突が生じやすくなるでしょう。

とはいえ、多少の違いは刺激となり、お互いを高め合える関係につながる可能性もあります。

カップルの相性は、性格面だけでなく、コミュニケーションのとり方や問題解決のスタイルなども大きく影響します。

二人の関係性を築く上で、性格の違いを理解し、受け入れ、活かしていくことが大切だと言えるでしょう。

子供の有無と夫婦関係

子供を持つことで夫婦の絆が深まるという俗説もありますが、実際は子供が出来ると夫婦関係の満足度が低下する傾向にあります。

子供を作る際は覚悟を持つことが大切で、子供がいなくても夫婦関係の満足度に問題はないようです。

子育ては、夫婦にとって大きなストレス要因となり得ます。

育児に追われる中で、二人の時間を十分に取ることが難しくなり、コミュニケーション不足に陥りやすくなるのです。また、子育てをめぐる価値観の違いから、衝突が生じることもあるでしょう。

一方で、子供の成長を共に見守り、喜びを分かち合うことで、夫婦の絆が深まるケースもあります。

大切なのは、子供中心の生活になりすぎないよう、夫婦の時間を意識的に作ることです。

また、子育ての責任を分担し、互いの努力を認め合うことも重要でしょう。

子供の有無に関わらず、夫婦関係を良好に保つためには、コミュニケーションを大切にし、お互いを尊重し合うことが何より大切だと言えます。

男女の性欲の違い

男性のほうが女性より性欲が強いと思われがちですが、実際は男女の性欲に差はありません。

男性がオープンにエロを話すことが多いため、そのように感じるだけのようです。

性欲は個人差が大きく、同性の中でも大きなばらつきがあります。

また、性欲は加齢とともに変化し、ストレスや健康状態、パートナーとの関係性などさまざまな要因に影響を受けます。

男女の性欲の違いは、生物学的な差異よりも、社会的・文化的な影響が大きいと考えられています。

男性は性欲を表現することが許容される一方、女性は性欲を抑圧するよう求められてきた歴史があります。

そのため、女性は性的な話題を避ける傾向があり、性欲が低いと誤解されがちなのです。

しかし、近年では女性の性に対する意識も変化しつつあり、オープンに性について語る女性も増えてきています。

性欲の強弱は個人差の問題であり、男女で一概に決めつけることはできません。

お互いの性への意識や欲求を尊重し合うことが、健全な男女関係を築く上で大切だと言えるでしょう。

オンラインでの出会いと正しい相手選び

オンラインで大量のプロフィールにアクセスすれば、正しい相手に巡り合えると考える人もいますが、物を買う時と同じで多くの選択肢は人を迷わせてしまいます。

多くの出会いが良い人と巡り合えるというのは実は嘘で、自分を磨いて良い相手にイエスを言わせることのほうが大切です。

オンラインでの出会いは、効率的に多くの人と接点を持てる一方で、プロフィールだけでは相手の人となりを十分に知ることはできません。相手を選ぶ基準があいまいになりがちで、表面的な情報に惑わされて本質を見誤るリスクもあります。

大切なのは、自分が何を求めているのかを明確にすることです。そのためには、自分自身と向き合い、価値観や将来のビジョンを明確にする必要があります。

自分磨きを通じて魅力を高め、自信を持って相手と向き合うことが、良い出会いにつながるでしょう。

オンラインは出会いのきっかけに過ぎません。その後は、実際に会って相手の人となりを知り、コミュニケーションを重ねていくことが大切です。

子供の成長と親の性的指向

子供は同性カップルより異性愛のカップルが育てたほうが良いという俗説もありますが、子供の成長には親の性的指向は関係ありません。

子供の成長は遺伝子である程度決まっているもので、人間をカテゴライズする意味はないと言えるでしょう。

子供の健やかな成長に必要なのは、安定した愛情と適切な養育環境であり、親の性的指向はそれほど重要ではありません。

同性カップルの家庭で育った子供も、異性愛者の家庭で育った子供と同様に、心身ともに健康に成長することが研究で示されています。

むしろ、親の性的指向を理由に差別や偏見にさらされることのほうが、子供のメンタルヘルスに悪影響を及ぼす可能性があります。遺伝的な影響も無視できませんが、子供の性格や能力は、生まれ育った環境によっても大きく左右されます。

親の性的指向に関わらず、子供に愛情を注ぎ、個性を尊重し、適切な教育を与えることが何より大切だと言えるでしょう。

家族のあり方は多様化しており、血のつながりや性的指向にとらわれない、包括的な家族観が求められています。

結婚前のカウンセリングやコミュニケーション教育の効果

結婚前のカウンセリングや対人コミュニケーション教育プログラムは、不和や離婚の原因になると考える人もいますが、実際は夫婦間のコミュニケーションの勉強を受けると離婚率は下がります。

お互いのことを二人の関係が良い時に話しておくことが大切で、アサーション能力を学ぶのもおすすめです。結婚前のカウンセリングでは、お互いの価値観やライフスタイル、将来のビジョンなどを共有し、すり合わせることができます。

また、コミュニケーションのとり方や問題解決のスキルを学ぶことで、結婚後の衝突を未然に防ぐことができるでしょう。特に、アサーション(自己表現)の能力は、夫婦関係を円滑に進める上で欠かせません。

自分の意見や感情を適切に伝え、相手の意見も尊重しながら、Win-Winの解決策を見出していく力を身につけることが大切です。また、結婚生活では予期せぬ問題が起こることもあります。

そのような時に、専門家に相談できる関係性を作っておくことも重要でしょう。

結婚前のカウンセリングを通じて、お互いの理解を深め、コミュニケーションスキルを磨いておくことは、長期的な夫婦関係の安定につながります。

良好な関係性を築いておけば、問題が生じた時にも、建設的な話し合いを通じて乗り越えていくことができるはずです。

男女の心理的反応の違い

男は火星から、女は金星からやってきたという比喩がありますが、実際は男女における心理反応の違いはほとんどありません。男はこういう時こうするなどと言われますが、実際は男女でほぼ似たような反応を示すようです。

例えば、感情表現の仕方や共感性、ストレス対処法など、心理的な反応のメカニズムは男女で大きく変わりません。

むしろ、個人差のほうが大きいと言えるでしょう。男女の違いと思われているものの多くは、社会的・文化的な影響によるものです。

男は理性的で、女は感情的といったステレオタイプは、性別役割の固定観念に基づくものです。

このようなステレオタイプは、男女の行動や選択を制限し、個人の多様性を否定することにつながりかねません。もちろん、ホルモンバランスの違いなど、生物学的な性差が心理面に影響を与えている可能性は否定できません。

しかし、そのような違いを過度に一般化し、男女の特性を決めつけることは適切ではありません。

大切なのは、一人ひとりの個性を尊重し、男女というカテゴリーにとらわれずに、相手の心理状態を理解しようと努めることです。

結婚前の同棲のメリットとデメリット

結婚前の同棲は互いを知れる良いチャンスだと考える人もいますが、実際は結婚前に同棲すると離婚率が上がる傾向にあります。

同棲によって先にお互いの知りたくないことを知ってしまうためのようです。

恋愛において全て同棲しているならば比較ができますが、一人の相手だけと同棲しても比較ができないというデメリットもあります。同棲のメリットとしては、お互いの生活習慣や価値観を知ることができ、結婚生活をイメージしやすくなることが挙げられます。

また、金銭面での折り合いをつける練習にもなるでしょう。一方で、同棲生活では、お互いのプライバシーが制限され、自由な時間が減ってしまうデメリットもあります。

さらに、同棲している間は、恋愛感情が保たれているため、相手の欠点が見えにくくなる可能性もあります。結婚前の同棲は、あくまで結婚生活の一部分を体験しているに過ぎません。

同棲生活だけで相手を判断するのは危険だと言えるでしょう。

むしろ、同棲を通じて見えてきた課題について、どう向き合っていくかが重要です。同棲はあくまで手段であり、目的ではありません。

結婚前の同棲を選択する際は、メリット・デメリットを冷静に見極め、相手との関係性を多角的に評価することが大切だと言えます。

出生順と性格の関係

長男だから、長女だからといった出生順と性格の関係は実際にはないようです。

性格は遺伝子と環境で決まるもので、子供を出生順でカテゴライズするのは適切ではありません。確かに、長子は親の期待を一身に受けるため、責任感が強くなりがちだと言われます。

また、末っ子は周囲に甘やかされて育つため、社交的になる傾向があるとも言われています。しかし、このような特性は出生順によって決定されるわけではなく、家庭環境や親の養育態度など、さまざまな要因が複雑に絡み合って形成されるものです。

また、家族構成やきょうだいの性別、年齢差などによっても、出生順の影響は変わってきます。例えば、一人っ子の場合は、出生順の影響は当てはまりません。さらに、性格は固定的なものではなく、成長とともに変化していくものです。

子供の個性を尊重し、その子に合った育て方をすることが大切だと言えるでしょう。

出生順にとらわれず、一人ひとりの可能性を信じ、適切な愛情と discipline(しつけ)を与えることが、子供の健やかな成長につながります。

魅力を高めるファッション

モテるために赤い服を着ると良いと言われますが、服の色と魅力度に相関はないようです。ただし、口紅などは効果があるかもしれません。

服装は、自分の個性を表現し、自信を高めるためのツールです。

自分に合った色や形を選ぶことで、魅力を引き出すことができるでしょう。また、TPOに合わせた服装を選ぶことも大切です。相手に与える印象は、服装によって大きく変わります。

ビジネスシーンでは、清潔感のある服装が求められますし、デートの場面では、おしゃれな装いが好印象を与えるでしょう。

ファッションは、自分を表現するツールであると同時に、コミュニケーションのツールでもあります。

服の色だけでなく、ヘアスタイルやメイクも重要な要素です。口紅は、女性の魅力を引き立てるアイテムの一つと言えるでしょう。

明るい色の口紅は、顔色を明るく見せ、前向きな印象を与えます。

一方、ダークな色の口紅は、大人っぽさや洗練された雰囲気を演出します。自分の肌の色や顔の形に合った色を選ぶことが大切です。

また、香水やアクセサリーも、魅力を高めるための重要なアイテムです。

香水は、自分らしさを表現し、相手に良い印象を与えることができます。アクセサリーは、服装のアクセントになるだけでなく、自分の個性を際立たせる効果もあるでしょう。

ファッションは、自分自身と向き合い、自分らしさを探求する過程でもあります。

流行にとらわれず、自分に合ったスタイルを見つけることが何より大切だと言えます。

自分に自信を持ち、魅力的な存在であることを楽しむことが、ファッションの本質なのかもしれません。

運命の人という概念の真偽

ひとめぼれした相手が運命の人だと信じるのは間違いで、それは単なる性欲である可能性が高いです。

特に男性の場合、ひとめぼれはルックスが理由であることが多く、愛情の三角理論(親密・情熱・コミットメントの3つで愛情が構成されるという理論)とは相関がありません。

美女は一目惚れされやすいので、男性が感じる運命は単なる一目惚れである可能性が高いと言えるでしょう。

「運命の人」という概念は、ロマンチックではありますが、現実的ではありません。

人は、出会った相手に強く惹かれることがありますが、それは相手の外見や雰囲気に惹かれているだけかもしれません。

特に、一目惚れは、相手の内面を知らない状態で起こるため、表面的な魅力に惑わされている可能性が高いのです。

愛情の三角理論によれば、真の愛情は、親密さ、情熱、コミットメントの3つの要素から成り立っています。

一目惚れの段階では、情熱は高いものの、親密さやコミットメントは欠如しています。

相手のことを深く知り、お互いに理解し合い、信頼関係を築いていくことで、初めて真の愛情が生まれるのです。

また、「運命の人」という考え方は、受け身の恋愛観を助長しかねません。

自分の運命は自分で切り開くものであり、理想の相手を待つのではなく、自分を高め、良い出会いを引き寄せることが大切だと言えるでしょう。

恋愛において大切なのは、相手の内面を知ろうと努力し、お互いに尊重し合いながら、関係性を築いていくことです。

一目惚れに惑わされず、時間をかけて相手と向き合い、真の愛情を育んでいくことが、幸せな恋愛につながるのではないでしょうか。

記憶の改ざんとひとめぼれ

ひとめぼれは、ルックスが良い人への性的な衝動を運命や愛と記憶を改ざんしているだけの可能性があります。

人は、自分にとって都合の良い情報を選択的に記憶する傾向があります。

特に、強い感情を伴う出来事は、記憶に残りやすいと言われています。一目惚れは、強烈な感情体験であるため、その時の感情が記憶に刷り込まれ、美化されてしまうのです。

例えば、一目惚れした相手の欠点は記憶から抜け落ち、良い部分ばかりが強調されて記憶される可能性があります。

また、一目惚れした瞬間の状況や、相手の些細な仕草なども、運命的な出来事として記憶に残ることがあるでしょう。

このような記憶の改ざんは、恋愛感情を持続させる働きがあります。

相手の理想化された姿を記憶することで、恋愛感情が保たれるのです。しかし、現実の相手とのギャップに直面した時、幻滅を感じることにもなりかねません。

記憶の改ざんは、無意識のうちに行われるため、自覚することは容易ではありません。

しかし、一目惚れした相手に対する感情が、現実的なものなのかを冷静に見極めることは大切です。

記憶が美化されている可能性を踏まえ、相手の実像を知ろうと努力することが、健全な恋愛につながるでしょう。

一目惚れは、恋愛の始まりとしては良いかもしれません。

しかし、その感情を鵜呑みにせず、現実の相手と向き合い、理解を深めていくことが何より大切なのです。

記憶の改ざんに惑わされず、相手の真の姿を見極める冷静さを持つことが、mature(成熟した)な恋愛につながると言えるでしょう。

収入と結婚生活の関係

高収入な人は結婚にメリットがあると考えられがちですが、結婚がメンタルに良いというのは嘘のようです。

収入が低い人のほうが結婚によるメンタルへの効果があり、年収が600万円を超えるとその幸福度への影響はなくなります。一人で十分稼げる人の場合、結婚のメンタルへのメリットは確認されていません。

収入と結婚生活の満足度には、一定の相関があると考えられています。

経済的な安定は、夫婦関係を円滑にする上で重要な要素の一つだと言えるでしょう。お金の問題でストレスを感じることは、夫婦関係に悪影響を及ぼします。

しかし、収入がある程度のレベルに達すると、それ以上の収入増加は幸福度にあまり影響しないようです。

むしろ、高収入であるがゆえのストレスや、仕事と家庭のバランスを取ることの難しさから、メンタルヘルスが損なわれる可能性もあります。

また、共働きの場合、夫婦の収入バランスも重要な要素です。

どちらかが極端に収入が低いと、経済的な依存関係が生まれ、対等な関係性を築くことが難しくなるかもしれません。

結婚生活の満足度は、経済的な要因だけでなく、夫婦のコミュニケーションや信頼関係、価値観の共有など、様々な要因が複雑に絡み合って決まるものです。

お金は重要ですが、それ以上に大切なのは、お互いを尊重し、支え合う関係性を築くことだと言えるでしょう。

高収入だからと言って、結婚生活が良好であるとは限りません。

逆に、収入が少なくても、工夫と協力によって、充実した結婚生活を送ることは可能です。

結婚生活の質は、夫婦の在り方そのものによって決まると言っても過言ではないでしょう。

結婚指輪の価格と離婚率の関係

無理して高価な結婚指輪を買うのは避けたほうが良いようです。高価な結婚指輪を買うと離婚率が上昇する傾向があり、指輪にお金をかける見栄っ張りな人はその後の生活でも見栄っ張りが継続するためです。

資金的に余裕がある場合は別ですが、基本的には身の丈に合ったものをプレゼントするのがおすすめです。

結婚指輪は、夫婦の絆の象徴とされていますが、その価格と離婚率には相関があるようです。

高価な指輪を買う人は、見栄っ張りな傾向があり、結婚生活においても、見栄を張り続ける可能性が高いと考えられています。

例えば、高価な指輪を買うために、ローンを組んだり、無理な出費をしたりすることは、結婚生活のスタートから経済的な負担を生むことになります。

また、見栄っ張りな人は、他人からの評価を気にするあまり、不必要な出費を続けたり、配偶者の意見を尊重しなかったりする傾向があるのです。

一方で、身の丈に合った指輪を選ぶ人は、現実的な価値観を持っている可能性が高いと言えます。

お互いの経済状況を踏まえ、納得のいく価格の指輪を選ぶことは、健全な結婚生活の第一歩だと言えるでしょう。

ただし、結婚指輪の価格だけで、結婚生活の質を判断することはできません。

指輪は、あくまで夫婦の絆の象徴であり、本当に大切なのは、お互いを尊重し、支え合う関係性を築くことです。

結婚指輪を選ぶ際は、お互いの価値観を共有し、納得のいく選択をすることが大切です。

見栄を張るのではなく、相手への愛情と感謝の気持ちを込めて、身の丈に合った指輪を贈り合うことが、幸せな結婚生活につながるのではないでしょうか。

サプライズプレゼントの是非

意外なサプライズプレゼントは良いと思われがちですが、多くの人は実用的なものを好む傾向にあります。

サプライズはその瞬間の驚きだけで、相手が興味のないものをサプライズするのは避けたほうが無難です。

欲しいものをサプライズであげる場合は良いですが、本や現金が一番喜ばれるようです。

サプライズプレゼントは、相手に喜んでもらいたいという気持ちの表れではありますが、時として裏目に出ることがあります。

相手の好みを把握していないと、いらないものをもらったと感じさせてしまう可能性があるのです。

特に、相手が欲しがっていないものをサプライズでプレゼントすることは、避けたほうが賢明でしょう。

せっかくの好意も、相手にとっては迷惑に感じられてしまうかもしれません。

また、サプライズに重きを置きすぎると、プレゼントの実用性が疎かになりがちです。

サプライズ性を重視するあまり、相手が実際に使えないようなものを選んでしまう可能性があるのです。

多くの人は、日常生活で役立つ実用的なものを好む傾向にあります。

本や現金は、相手の好みに合わせて選ぶことができ、必ず役に立つプレゼントだと言えるでしょう。

ただし、サプライズプレゼントが全く意味がないわけではありません。

相手が欲しがっているものを、サプライズで贈ることは、喜ばれる可能性が高いです。重要なのは、相手の好みをしっかりと把握することです。

プレゼントを選ぶ際は、サプライズ性よりも、相手の好みや実用性を重視することが大切だと言えます。

相手のことを思い、相手の立場に立って考えることが、喜ばれるプレゼントの選び方のポイントなのです。

リアクションバイアス回避のコツ

相手のリアクションを過度に気にするのは、「他人の目は一瞬である」ということを意識して避けましょう。

相手が一人でプレゼントを開けた場合、どんなリアクションをするかを考えてみるのも一つの方法です。

自分の目の前だと相手は気を遣って大きなリアクションを取りがちなので、仕事選びも周囲のリアクションではなく、自分に長期的にメリットがあるかを考えることが大切です。

リアクションバイアスとは、目の前の相手のリアクションに惑わされて、本質を見失ってしまうことを指します。

特に、プレゼントを渡す場面では、相手の反応を過剰に気にするあまり、本当に相手が喜ぶものを選べなくなってしまう可能性があります。

このバイアスを回避するためには、「他人の目は一瞬である」ということを意識することが大切です。

プレゼントを渡した瞬間の相手の反応は、一時的なものに過ぎません。むしろ、プレゼントを使用する際の相手の反応を想像することが重要なのです。

例えば、相手が一人でプレゼントを開けた場合、どんなリアクションをするか考えてみましょう。

自分の目の前では、相手は気を遣って大きなリアクションを取るかもしれませんが、一人の時は、素直な反応を示すはずです。

相手が本当に喜んでくれるプレゼントを選ぶためには、このような視点を持つことが大切だと言えます。

また、リアクションバイアスは、仕事選びの場面でも注意が必要です。

周囲の反応を気にするあまり、自分の本当のやりたいことを見失ってしまう可能性があるのです。

仕事選びで大切なのは、自分に長期的にメリットがあるかどうかを考えることです。

周囲の反応は一時的なものですが、仕事は長く続けるものです。

自分の価値観や目標に合った仕事を選ぶことが、長期的な幸せにつながるでしょう。

リアクションバイアスを回避するためには、自分の内面と向き合い、自分の価値観を明確にすることが大切です。

他人の反応に振り回されるのではなく、自分の人生の主人公として、自分の意思で選択を行うことが重要なのです。

他人の目を意識しすぎると、本当の自分を見失ってしまいます。

一時的な反応に惑わされるのではなく、長期的な視点を持って、自分の人生を歩むことが何より大切だと言えるでしょう。

会話時の視線と表情

夫婦やカップルは顔を突き合わせて話すと良いと言われますが、実際は声だけのほうが相手の気持ちを見抜けるようです。

表情を見ても相手の気持ちは分からず、表情に頼ると情報が多すぎてマルチタスクになってしまいます。

会話において、視線や表情は重要な役割を果たしていますが、時として、相手の真意を見抜く妨げになることもあります。

顔を突き合わせて話すことで、相手の表情を読み取ろうとするのは自然な行為ですが、それが逆効果になる可能性があるのです。

人は、相手の表情から感情を読み取ろうとする傾向がありますが、表情は必ずしも内面を反映しているとは限りません。

むしろ、声のトーンや話し方、言葉の選び方などから、相手の真意を汲み取ることができる場合も多いのです。

特に、夫婦やカップルの間では、長年の付き合いによって、声だけで相手の気持ちを察することができるようになります。

言葉にならない微妙なニュアンスも、声から感じ取ることができるのです。

また、表情に頼りすぎると、情報が多すぎて混乱してしまう可能性があります。

表情は、口の動き、目の動き、眉の動きなど、様々な要素が複雑に絡み合っています。

これらの情報を同時に処理しようとすると、マルチタスクになってしまい、かえって相手の真意を見失ってしまうかもしれません。

大切なのは、相手の声に耳を傾け、言葉の裏にある真意を汲み取ろうとすることです。

表情に惑わされることなく、相手の話す内容に集中することが、相手の気持ちを理解するための近道だと言えるでしょう。

ただし、表情が全く意味がないわけではありません。表情は、話の内容を補完する役割を果たします。

声と表情が一致していれば、相手の真意がより明確になるでしょう。

会話においては、声と表情のバランスを取ることが大切です。

声を中心に相手の真意を汲み取りつつ、表情も参考にすることで、より深い理解につなげることができるのです。

相手の気持ちを理解するためには、聴く姿勢が何より重要だと言えます。

まとめ

恋愛には様々な俗説がありますが、科学的に検証すると、多くは正しくないことがわかります。

性格の類似性、子供の有無、男女の性欲の違いなど、様々な側面から恋愛の常識について検証しました。

恋愛において大切なのは、相手を理解しようと努力し、お互いを尊重し合いながら、自分の価値観に基づいた選択をすることです。

一時的な感情に流されるのではなく、長期的な視点を持って、自分の人生を歩むことが何より重要だと言えるでしょう。

相談・予約・依頼方法

女性用風俗KaRent(カレント)は、無店舗型性風俗特殊営業届出(第43202010011号)を公安委員会に提出済みの正規女性用風俗店です。

安心してご利用頂けます。

お気軽な質問からどうぞお送りください。

洋平

私の公式LINE・X(Twitter)のDMよりメッセージをお願い致します。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

メッセージでは以下の内容をお知らせ頂くとスムーズです。

  • お名前(ニックネームで構いません)
  • ご希望の日時(複数頂けると助かります)
    • 第1希望:〇月〇日 〇時~
    • 第2希望:〇月〇日 〇時~
  • ご希望のコースと施術時間:ホテルコース 〇分
  • ご利用場所:ご自宅orホテル

詳細な料金システムについては以下のページをご確認ください。

日時や場所が決まった後に、お店にご連絡頂きご予約の確定となります

東京・埼玉発の女性用風俗「KaRent(カレント)」に在籍するセラピストの「洋平」です。

ご予約のほか、ご不安な点や質問がある場合は、いつでもX(旧Twitter)のダイレクトメッセージやLINEでお気軽にお問い合わせください。

出勤日ではない日でも、ご予約を受け付けることが可能な場合がございます。

ご希望の日があれば洋平の公式LINEか、私のX(旧Twitter)DMまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。

フリーアドレスやサブアカウントからのご連絡でも大丈夫です。

ご自身から送りづらい場合は

ブログ見ました

と一言頂ければ私からお迎えに参ります。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次