匿名掲示板での誹謗中傷と情報開示請求:できる・できない事を解説

匿名掲示板での誹謗中傷

インターネットの普及により、誰もが気軽に情報発信できるようになった一方で、匿名掲示板を舞台にした誹謗中傷が深刻な社会問題となっています。匿名という特性を悪用し、個人の名誉やプライバシーを侵害する投稿が後を絶ちません。

特に匿名掲示板では、実名や連絡先の記載が不要なため、加害者が特定されにくく、被害者は泣き寝入りせざるを得ないケースが多いのが現状です。

誹謗中傷の内容は、個人の社会的評価を大きく下げ、精神的な苦痛を与えるだけでなく、時には就職や結婚にも影響を及ぼしかねません。

こうした状況下で、被害者が取り得る手段の一つが、「情報開示請求」です。これは、プロバイダ責任制限法に基づき、被害者が掲示板管理者やプロバイダに対して、加害者の情報開示を求める制度です。

情報開示請求の目的は、加害者を特定し、損害賠償請求や刑事告訴などの法的措置を取ることにあります。

匿名という隠れ蓑を剥がし、加害者に責任を取らせることで、被害の回復を図るとともに、再発防止につなげることが期待されます。

また、情報開示請求には、抑止効果もあります。匿名での投稿が、法的責任を問われる可能性があることを示すことで、安易な誹謗中傷を思いとどまらせる効果が期待できます。

しかし、情報開示請求には一定の要件があり、必ずしもすべてのケースで認められるわけではありません。表現の自由との兼ね合いもあり、安易な請求は逆に問題を複雑化させる恐れもあります。

以下では、情報開示請求が認められる場合と認められない場合について、具体的に解説していきます。匿名掲示板での誹謗中傷に悩まれている方は、ぜひ参考にしてください。

こんにちは、女性用風俗店KaRentの洋平です。

175cm 65kg 38歳

2023年11月よりセラピストとして在籍しています。

しんどいとき、寂しい時など「誰かそばにいてくれたら…」と、そんな思いを叶えるためセラピストになりました。

お気軽にご連絡下さい。

在籍:いつでも彼氏KaRent(カレント)

詳しいプロフィール

目次

情報開示請求ができる場合

匿名掲示板での誹謗中傷に対して、被害者が加害者の情報開示を求める根拠となるのが、「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」、通称「プロバイダ責任制限法」です。

この法律は、プロバイダや掲示板管理者の損害賠償責任を限定する一方で、一定の要件の下で、発信者情報の開示を請求できる道を開いています。

情報開示請求が認められるためには、以下の3つの要件を満たす必要があります。

a. 権利侵害の明白性

投稿内容が、明らかに個人の権利を侵害していると認められること。具体的には、事実と異なる内容で個人の名誉を毀損する投稿、プライバシーを侵害する投稿、著作権を侵害する投稿などが該当します。単なる主観的な意見や評価は、権利侵害とは認められません。

b. 損害の重大性

権利侵害によって、被害者が重大な損害を被ったこと。例えば、誹謗中傷によって就職内定が取り消されたり、重要な人間関係が失われたりするなど、社会生活に大きな支障が生じた場合などが該当します。一時的な精神的苦痛では、重大な損害とは認められないことが多いようです。

c. 開示の必要性

権利侵害の停止や損害賠償請求のために、発信者情報の開示が不可欠であること。つまり、開示されなければ被害回復が図れない状況にあることが求められます。

これらの要件を満たす場合、被害者は掲示板管理者やプロバイダに対し、発信者情報の開示を請求できます。具体的な請求のプロセスは以下の通りです。

  1. 掲示板管理者等に対し、投稿の削除を求める。
  2. 掲示板管理者等に対し、発信者情報の開示を請求する。
  3. 掲示板管理者等から、発信者の氏名・住所等の情報が開示される。
  4. 開示された情報を基に、加害者に対し、損害賠償請求や刑事告訴などの法的措置を取る。

ただし、プロバイダや掲示板管理者が、発信者情報を保有していない場合や、開示要件を満たさないと判断した場合は、開示請求が拒否されることもあります。

また、開示された情報だけでは加害者の特定が難しいケースもあり、弁護士など専門家の助言を得ながら、慎重に対応する必要があります。

情報開示請求が難しい場合

前述の通り、情報開示請求が認められるには一定の要件を満たす必要があります。逆に言えば、これらの要件を満たさない場合、情報開示請求が困難になります。以下、具体的なケースを見ていきましょう。

a. 軽微な権利侵害のケース

誹謗中傷の内容が、社会的評価を多少下げる程度で、重大な権利侵害とまでは言えない場合、情報開示請求が認められない可能性があります。

例えば、「あの人は性格が悪い」といった主観的な意見や、「あの店の料理はまずい」といった趣味嗜好に関する投稿などは、違法性が低いと判断されるケースが多いようです。

b. 公益目的の表現と判断されるケース

有名人や公人に対する評価、政治家の政策に対する批判、企業の不正を告発する内容など、公益目的の表現と判断される場合、たとえ内容が厳しいものであっても、情報開示請求が認められないことがあります。

表現の自由との兼ね合いから、社会的に意義のある情報発信は一定の保護が与えられるためです。ただし、公人の私生活に関する事実と異なる投稿など、公益性のない権利侵害については、この限りではありません。

c. 発信者情報がプロバイダに保存されていないケース

プロバイダ責任制限法では、プロバイダや掲示板管理者に発信者情報の保存義務はありません。したがって、発信から時間が経過し、ログが削除されてしまった場合など、技術的な理由で発信者情報が存在しないケースでは、情報開示請求は実質的に不可能になります。

d. 海外サーバー経由など、技術的な問題があるケース

海外のサーバーを経由した投稿や、匿名化ソフトを使用した投稿など、技術的な問題により発信者の特定が極めて困難な場合があります。

これらのケースでは、たとえプロバイダが情報を保有していても、開示請求に応じられない、あるいは開示された情報だけでは加害者の特定ができない、といった事態が生じ得ます。

このように、情報開示請求が認められるハードルは決して低くありません。被害者としては、泣き寝入りせざるを得ないケースも少なくないのが現状です。

しかし、だからこそ、対策を講じる意義があるとも言えます。例えば、投稿内容の違法性が明白な場合は、掲示板管理者に削除依頼を行うことで、被害の拡大を防ぐことができます。また、重大な権利侵害が明らかな場合は、警察への相談も選択肢の一つです。

いずれにせよ、匿名掲示板での誹謗中傷は、法的にも技術的にも対応が難しい問題であり、安易な行動は逆効果になりかねません。専門家のアドバイスを得ながら、冷静かつ慎重に対応していくことが肝要です。

情報開示請求以外の対策

情報開示請求が難しいケースでも、被害者が取れる対策は他にもあります。ここでは、情報開示請求以外の主な対策について解説します。

a. 掲示板管理者への削除依頼

多くの匿名掲示板では、管理者に対して投稿削除を求めるシステムが用意されています。明らかに違法な投稿や、掲示板のルールに反する投稿については、管理者が削除に応じてくれることが期待できます。

削除依頼の方法は、掲示板ごとに異なりますが、通常は投稿番号や URL を明記の上、管理者の連絡先(メールアドレスなど)に依頼を送信します。依頼の際は、投稿が違法であることを示す根拠を具体的に述べることが重要です。

ただし、管理者が判断に悩むようなケースでは、削除に応じてもらえない可能性もあります。また、海外の掲示板など、日本の法律が適用されないケースでは、削除依頼が通りにくいことも考えられます。

b. 法的措置(損害賠償請求、刑事告訴など)

誹謗中傷の内容が悪質で、重大な権利侵害が明らかな場合は、法的措置を検討する価値があります。具体的には、加害者に対する損害賠償請求や、警察への刑事告訴などが考えられます。

民事的には、不法行為に基づく損害賠償請求が一般的です。慰謝料や名誉回復措置(謝罪広告の掲載など)を求めることができます。ただし、加害者の特定が難しいケースでは、訴訟提起自体が困難になります。

刑事的には、名誉毀損罪(刑法230条)や侮辱罪(刑法231条)が適用される可能性があります。ただし、匿名掲示板の場合、犯人特定のハードルが高く、警察の捜査も難航することが予想されます。

いずれにせよ、法的措置は時間と費用がかかり、被害者の精神的負担も大きいため、弁護士などの専門家と相談の上、慎重に判断する必要があります。

c. メンタルヘルスケア

匿名掲示板での誹謗中傷は、被害者の精神的健康に大きな影響を与えます。不眠や抑うつ、不安障害など、深刻な症状を引き起こすこともあります。

被害者は、自分を責めたり、一人で問題を抱え込んだりせず、周囲の支援を求めることが大切です。家族や友人、職場の同僚など、信頼できる人に相談し、サポートを受けましょう。

また、専門家によるカウンセリングを受けることも有効です。心療内科や精神科、カウンセリングルームなどを利用し、ストレス対処法や認知の偏りの修正などを学ぶことで、心の健康を取り戻していくことができるでしょう。

匿名掲示板での誹謗中傷は、被害者に大きな苦痛をもたらしますが、適切な対策を講じることで、状況を改善していくことは可能です。一人で悩まず、周囲の支援を求めながら、一歩ずつ前に進んでいきましょう。

まとめ

本記事では、匿名掲示板での誹謗中傷に対する情報開示請求について、その可能性と限界を解説してきました。

匿名掲示板での誹謗中傷は、被害者の名誉やプライバシーを侵害し、社会生活に大きな支障をもたらす深刻な問題です。こうした被害に対して、情報開示請求は一定の効果が期待できる対策ですが、同時に様々な制約もあることが分かりました。

情報開示請求が認められるためには、権利侵害の明白性、損害の重大性、開示の必要性といった要件を満たす必要があります。逆に、これらの要件を満たさない場合、情報開示請求が困難になります。

また、技術的な問題から、発信者情報がプロバイダに保存されていなかったり、海外サーバー経由の投稿だったりするケースでは、たとえ違法性が明白でも、情報開示請求が実質的に不可能になることがあります。

こうした情報開示請求の限界を踏まえ、被害者としては、他の対策も視野に入れる必要があります。掲示板管理者への削除依頼や、法的措置(損害賠償請求、刑事告訴など)は、状況に応じて検討すべき選択肢です。

ただし、これらの対策にも一長一短があります。削除依頼が通らないケースもありますし、法的措置は時間と費用、精神的負担が大きいというデメリットがあります。

だからこそ、専門家への相談が重要になります。弁護士や警察、カウンセラーなど、それぞれの立場から適切なアドバイスをもらうことで、冷静かつ効果的な対策を講じることができるでしょう。

特に、誹謗中傷による精神的ダメージは、被害者の健康を大きく損ねる恐れがあります。メンタルヘルスケアの観点から、周囲のサポートを求め、必要に応じて専門家の助言を受けることが不可欠です。

匿名掲示板での誹謗中傷は、複雑な問題であり、簡単に解決できるものではありません。しかし、適切な対策を粘り強く講じていくことで、状況を改善し、被害の回復を図ることは可能です。

被害者の方は、一人で問題を抱え込まず、周囲の支援を求めながら、一歩ずつ前に進んでいってください。そして、社会全体で、匿名掲示板の誹謗中傷問題に取り組み、インターネット上の健全なコミュニケーション環境を作っていくことが求められます。

相談・予約・依頼方法

女性用風俗KaRent(カレント)は、無店舗型性風俗特殊営業届出(第43202010011号)を公安委員会に提出済みの正規女性用風俗店です。

安心してご利用頂けます。

お気軽な質問からどうぞお送りください。

洋平

私の公式LINE・X(Twitter)のDMよりメッセージをお願い致します。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

メッセージでは以下の内容をお知らせ頂くとスムーズです。

  • お名前(ニックネームで構いません)
  • ご希望の日時(複数頂けると助かります)
    • 第1希望:〇月〇日 〇時~
    • 第2希望:〇月〇日 〇時~
  • ご希望のコースと施術時間:ホテルコース 〇分
  • ご利用場所:ご自宅orホテル

詳細な料金システムについては以下のページをご確認ください。

日時や場所が決まった後に、お店にご連絡頂きご予約の確定となります

東京・埼玉発の女性用風俗「KaRent(カレント)」に在籍するセラピストの「洋平」です。

ご予約のほか、ご不安な点や質問がある場合は、いつでもX(旧Twitter)のダイレクトメッセージやLINEでお気軽にお問い合わせください。

出勤日ではない日でも、ご予約を受け付けることが可能な場合がございます。

ご希望の日があれば洋平の公式LINEか、私のX(旧Twitter)DMまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。

フリーアドレスやサブアカウントからのご連絡でも大丈夫です。

ご自身から送りづらい場合は

ブログ見ました

と一言頂ければ私からお迎えに参ります。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次