【インタビュー】55歳主婦が語る、年齢を重ねるごとに変化する夫婦の性生活と絆

55歳で女性用風俗

結婚30年近くになる55歳の主婦、あつこさん。

子育てを終え、夫婦二人の時間を取り戻した今、性生活についての考えや夫婦の絆について話を聞きました。

若い頃とは違う、年齢を重ねた夫婦ならではの性のあり方とは?

あつこさんの経験から、夫婦の絆を深める秘訣を探ります。

こんにちは、女性用風俗店KaRentの洋平です。

175cm 65kg 38歳

2023年11月よりセラピストとして在籍しています。

しんどいとき、寂しい時など「誰かそばにいてくれたら…」と、そんな思いを叶えるためセラピストになりました。

お気軽にご連絡下さい。

在籍:いつでも彼氏KaRent(カレント)

詳しいプロフィール

目次

【インタビュー】55歳主婦が語る、年齢を重ねるごとに変化する夫婦の性生活と絆

洋平

本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。まずは簡単に自己紹介をお願いできますでしょうか。

あつこ

はい、私はあつこと申します。55歳で、現在はフリーランスです。

結婚しており、子供は二人いますが、もう社会人になっているので、子育ては一段落ついた状態ですね。

洋平

ありがとうございます。今回は女性用風俗についてお話を伺いたいと思います。率直なご意見を伺えればと思います。

あつこ

そうですね。正直なところ、私が20代の頃には女性用風俗なんてものは考えられませんでした。

当時は、女性の性的な欲求について口にすることすら、タブー視されていましたから。

あつこ

でも、時代とともに女性の社会進出が進み、性に対する意識も変わってきたように感じます。

女性も性的な主体として認められるようになったという点では、女性用風俗の存在意義はあるのかもしれませんね。

洋平

女性用風俗に対して、肯定的あるいは否定的な印象はお持ちですか?

あつこ

私は女性用風俗に対して、特に肯定的でも否定的でもないですね。

女性が性的なサービスを求めること自体は、何も悪いことではないと思っています。

男性に風俗があるように、女性にもそういう場所があってもいいのかなと。ただ、私自身は利用する気持ちにはなれないですけどね。

洋平

利用する気持ちにならない理由は何だと思いますか?

あつこ

私の場合は、性的なことに関しては夫との関係性の中で満たされているからかもしれません。

もちろん、夫婦の間柄なので、激しいプレイのようなものはないですけど、お互いを理解し合える安定した関係性があるんです。

だから、わざわざお金を払ってまで風俗に行く必要性を感じないんですよね。

あつこ

でも、もし夫との関係がうまくいっていなかったり、性的な不満を感じていたりしたら、女性用風俗に興味を持つこともあったかもしれません。

女性だって、性的欲求を持つ存在ですからね。それを満たすための選択肢の一つとして、風俗があるのは悪いことではないと思うんです。

洋平

あつこさんと旦那様の性生活について、差し支えない範囲で教えていただけますか?

あつこ

私たち夫婦は、かれこれ30年近く連れ添っているんですが、性生活については紆余曲折がありましたね。

若い頃は、お互いに仕事が忙しくて、なかなかゆっくり時間が取れなかったんです。

それでも、週末は積極的にスキンシップを取るようにしていました。

あつこ

でも、子育てが本格的に始まると、やっぱりその頻度は減ってしまって。

特に下の子が生まれた時なんて、2年以上ご無沙汰だったことも。

でも、旦那が私の産後の心身の変化を理解してくれていたので、あまりプレッシャーは感じなかったですね。

洋平

お子さんが成長されてからは、また夫婦の時間を取り戻されたのでしょうか?

あつこ

ええ、子供たちが少し手を離れるようになってからは、二人の時間を大切にするようになりましたね。

週末に一緒に出かけたり、子供が習い事でいない時はお気に入りのレストランで食事を楽しんだり。

そういう何気ない日常の中で、自然とスキンシップも増えていったと思います。

あつこ

でも、50代に入ってからは、さすがに身体の変化を感じるようになりました。

更年期の症状で、性欲が落ちたり、膣の潤いが減ったりして。旦那にはその辺りの事情を話して、ゆっくり時間をかけて愛し合うようにしてもらっています。

洋平

コミュニケーションが大切なんですね。

あつこ

本当にそうなんです。

この歳になると、若い頃のような元気(笑)は期待できないけれど、お互いの気持ちを汲み取りながら、マッタリと愛し合う時間が至福のひとときです。

あつこ

この前なんて、私の体調があまり良くなくて、セックスどころではなかったんです。

でも、旦那が優しく抱きしめてくれて、耳元で「愛している」って囁いてくれたんです。

それだけで、すごく幸せな気持ちになれました。

あつこ

若い頃は、セックス=挿入という考えが強かったけれど、歳を重ねるにつれ、性的な繋がりの形は多様だと気づかされます。

手をつないだり、一緒にお風呂に入ったり、そういう何気ない身体の触れ合いも、立派な性的コミュニケーションだと思うんです。

洋平

夫婦の絆を深めるために、性は重要な要素なのかもしれませんね。

あつこ

ええ、そう思います。でも、性的な繋がりを持つためには、日頃からのコミュニケーションが欠かせません。

お互いの変化を感じ取る感性を磨くことが大切。

そのために、私たち夫婦は今でも、毎日の何気ない会話を大切にしているんです。

あつこ

そうやって、お互いの心と体の変化を受け止めながら、柔軟に性的な関係を築いていく。

それが、長く幸せな夫婦でいるための秘訣かもしれません。

若い頃のように激しくはないけれど、深く穏やかな愛を感じられる、そんな歳の重ね方ができたら素敵ですよね。

洋平

あつこさんと旦那様の関係性は、まさに理想的だと思います。とてもプライベートな内容ですが、貴重なお話を本当にありがとうございました。

あつこ

こちらこそ、ありがとうございます。

夫婦の性について語る機会なんて、なかなかないので、良い経験になりました。

人生100年時代と言われる中、夫婦でいかに性的な繋がりを大切にしていくか。

それは、これからの高齢化社会を生きるための大きなテーマだと感じています。

洋平

では、あつこさんの人生経験から見て、今の女性用風俗の存在についてどのようにお考えですか?

あつこ

私は二人の子供を育ててきましたが、子育ての間は自分の性的な欲求を優先することはできませんでした。

子供が小さい頃は特に、母親としての役割が最優先でしたからね。

あつこ

でも、子育てが一段落して、自分の人生を振り返る時間ができたとき、女性としての自分を見失っていたことに気づいたんです。

性的な部分も含めて、自分らしさを取り戻すことの大切さを実感しました。

あつこ

もし、あの頃に女性用風俗があったら、利用していたかもしれません。

子育てに追われる日々の中で、たまには女性としての自分を取り戻す時間が欲しかったですから。

洋平

女性用風俗は、そういった女性のニーズに応えられる場所になり得るのかもしれませんね。

あつこ

そうですね。ただ、気をつけないといけないのは、風俗に依存しすぎないことだと思います。

女性用風俗は、あくまで自分を見つめ直すためのツールの一つであって、それ自体が目的化してはいけないと思うんです。

自分の性と向き合う勇気を持つことが、何より大切だと思います。

洋平

子育ての経験から、女性の性について何かお気づきの点はありますか?

あつこ

子育てを通して感じたのは、女性は生涯にわたって女性だということです。年を重ねても、性的な欲求がなくなるわけではありません。

あつこ

私も50代になって、新たな性の喜びを発見しましたよ。若い頃とは違う、深みのある快楽というか。

だからこそ、年齢に関係なく、女性が自分の性と向き合える社会であってほしいと思うんです。

あつこ

そういう意味では、女性用風俗は多様な年代の女性のニーズに応えられる可能性を秘めているのかもしれません。

若い女性だけでなく、私のような中高年の女性も、性的な喜びを求める権利がある。そのことを社会全体で認め合えたらいいですよね。

洋平

女性用風俗が社会に与える影響についてはどのようにお考えですか?

あつこ

女性用風俗の存在は、女性の性的欲求を社会的に認めるという点で、一定の意義があると思います。

長い間、女性の性欲は抑圧されてきましたからね。

でも、女性にも性的な願望があるのは当然のことで、それを満たすための手段の一つとして風俗があるのなら、もっと社会的に認知されてもいいんじゃないでしょうか。

あつこ

ただ、風俗産業全体の健全化は必要だと思います。

衛生面の管理や、働く人の労働環境の整備など、利用者の安心・安全と、従事者の尊厳を守るための取り組みは不可欠ですよね。

そういった課題をクリアしつつ、女性の性を肯定的に捉える社会づくりに貢献できれば、女性用風俗の存在意義はあると思います。

あつこ

私自身は利用する予定はありませんが、女性用風俗を必要とする人がいるのは事実です。

多様な選択肢があるのは良いことだと思うので、利用する人もしない人も、お互いの価値観を尊重し合える社会になってほしいですね。

性のあり方は十人十色ですから、それぞれの生き方を認め合うことが大切だと思います。

洋平

貴重なご意見をありがとうございました。最後に、これから女性用風俗を利用しようと考えている女性へのメッセージをお願いします。

あつこ

女性用風俗を利用するかどうかは、その人の自由な選択だと思います。

でも、もし利用するなら、自分の気持ちに正直になることが大切。

社会の目を気にするあまり、本当の自分を見失わないでほしいんです。

あつこ

私自身、子育てに追われる中で、女性としての自分を置き去りにしていた時期がありました。

でも、自分の性と向き合う勇気を持つことで、新たな自分に出会えたんです。

あつこ

だから、女性の皆さんには、年齢に関係なく、自分の性を大切にしてほしい。

女性用風俗は、そのための選択肢の一つになるかもしれません。でも、何より大切なのは、自分の心に耳を傾けること。

あつこ

女性の性が、もっと自由に語られる社会になることを願っています。

そのために、私たち一人一人が、自分の性と誠実に向き合っていくことが大切だと思います。

洋平

あつこさん、本日は本当にありがとうございました。

あつこ

こちらこそ、貴重な機会をいただきありがとうございます。

女性の性について、オープンに話せる場が増えていくことを心から願っています。

まとめ

あつこさんの話から、年齢を重ねるごとに夫婦の性生活は変化していくものの、コミュニケーションを大切にすることで、新たな形の性的な繋がりを築くことができると分かりました。

若い頃のような情熱的なセックスではなくても、お互いの心身の変化を受け止め、寄り添い合うことが、夫婦の絆を深めるために重要だと言えます。

人生100年時代を迎える中で、夫婦がいかに性的な繋がりを大切にしていくかは、大きなテーマになるでしょう。

相談・予約・依頼方法

女性用風俗KaRent(カレント)は、無店舗型性風俗特殊営業届出(第43202010011号)を公安委員会に提出済みの正規女性用風俗店です。

安心してご利用頂けます。

お気軽な質問からどうぞお送りください。

洋平

私の公式LINE・X(Twitter)のDMよりメッセージをお願い致します。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

メッセージでは以下の内容をお知らせ頂くとスムーズです。

  • お名前(ニックネームで構いません)
  • ご希望の日時(複数頂けると助かります)
    • 第1希望:〇月〇日 〇時~
    • 第2希望:〇月〇日 〇時~
  • ご希望のコースと施術時間:ホテルコース 〇分
  • ご利用場所:ご自宅orホテル

詳細な料金システムについては以下のページをご確認ください。

日時や場所が決まった後に、お店にご連絡頂きご予約の確定となります

東京・埼玉発の女性用風俗「KaRent(カレント)」に在籍するセラピストの「洋平」です。

ご予約のほか、ご不安な点や質問がある場合は、いつでもX(旧Twitter)のダイレクトメッセージやLINEでお気軽にお問い合わせください。

出勤日ではない日でも、ご予約を受け付けることが可能な場合がございます。

ご希望の日があれば洋平の公式LINEか、私のX(旧Twitter)DMまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。

フリーアドレスやサブアカウントからのご連絡でも大丈夫です。

ご自身から送りづらい場合は

ブログ見ました

と一言頂ければ私からお迎えに参ります。

洋平/X(旧Twitter)
洋平/LINE

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次